男岳からぐるっとツアー

NO IMAGE


かねてから単独で行ってみたかった男岳へ、
田沢湖スキー場からリフトを二つ乗り継いで行くことにした。
以前、山岳会の山行で初めてアイゼンをはいたのがココ。
私のレベル的にはハイレベルなコース。

ひとつ歳を取った記念にトライする。
田沢湖も近づいた車中で、登り口のスキー場が
どれだったかよく分からないことに気がついてアセった。
行ってみて分からなかったら、誰かに電話するか~と
とりあえず行ってみたら、なんとかなってほっとした。


晴れているがもやがかかっていた朝方。
雲の間から森吉山が顔をだす。本日は風もなく気温も高め。


雪は最初のうちはザクザクだったものの、だんだん
締まってくる。本日も途中からスキーアイゼン。
1400m付近に平坦になる場所があるので、
ここでスキーをザックにくくり付けて
兼用靴にはアイゼンを装着する。


アイゼン使用者は他一人ぐらいでしたけどね。
雪は再びザクザクで、アイゼンはいらなかったみたい・・・。
けど、アイゼンが履きたかったのでこのまま行く。


こんなモノにいちいちつきあうから
遅くなる。。。


後から来る登山者に追い越されながらも
だんだん山頂が近づいてくる。



本日、足を止める原因のほとんどが、コレ!
先週の今頃登っていた石黒山。
コースが全部見えるんだもの。
こんなに面白いことはありません!


こんな所を登ってきました。
結構緊張してまして、喉がやたらと乾いた。


和賀岳方面。写真では霞んでますが、
すっごくカッコいいの!
石原軍団でも見てるかのような渋さです。


ものすご~いスロー登山ですが山頂が見えてきました!
さすがに山頂はやや風も冷たく、お腹がすいたけど
下ってから食べることにした。


山頂からは岩手山。


で、こちら・・・。
びっくりした~。こんなに雪が溶けちゃっているのね。


先週、見た裏側はみっちりと白くテカってたのに。


そうなんです。こっち見てしまうとずっと足が止まってしまう。
下山中に「ひょえ~」となった難所もよっく見えるし。


阿弥陀池へと下りてゆく。
左側の広い場所に阿弥陀池が埋まってます。
まだスキーは担いだまま、アイゼンの下りの練習。
アイゼン履くような場所、あまりないので
今回で3回目の使用です。


振り返る男岳山頂。ボーダーのグループがやってきた。
スキーよりは私もスノボが好きだが、
山で安全に帰る自信がない。


男岳、ここからの眺めはいつもかっこいい。


つぼ足の方も今日は多かった。


半分溶けた女目岳にも挨拶してこよう。
振り返ると、男岳、やっぱり男前です。
この登りこそスキーアイゼンでしたが、
たぶんザクザクだろうと
装着しなかったら、結構締まっていて傾斜もあり
難儀しました。。。


着いたよ~。
途中からスキーはデポして、むき出しの夏道をちょっと歩く。
山頂は私の他ひとり。静かで良かった。


さて、帰るかなっと。
阿弥陀小屋まで下りると既に誰もいなく、
どうやら私がラスト?
とりあえずお腹がすいたのでラーメンランチ。
今日も箸を忘れて、スプーンでラーメンをかき込む。


女目岳、こっち側はまだ滑れる。
けど、雪が重くて本日はあまりよろしくない。
スキーにはあまり欲がないので、無事に下りられれば
私的にはノープロブレム!


八合目小屋が見えて来た。
ここまで来るとちょっと安心。
コーヒーが飲みたくなったので、再びガスを取り出し
レギュラーコーヒーを煎れる。

何度も言ってしまうが、
山のコーヒーはどうしてこうも美味しいのだろう!
ここから先は延々と道路を下りてゆく。
雪は腐っていてブレーキがかかって滑りにくい。
それでもスキー下山は早くて、あっというまに道路終点。


スキーを担いでスキー場まで歩く。
途中、空を見上げるとこんなかわいい木の芽が
ころころと空に向かって光ってました。


15時ごろ到着。
本日もぐるっとツアーでした。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。