正月山行二日目も吹雪

NO IMAGE


翌日、7時前に起き出して窓の外を
横に吹き付ける雪を眺めながら、コーヒーを味わう。
今日は少しは天気が緩むかなと思っていましたが、
昨日とさほど変わらず。

それでも山頂へ行ってみようと、スキーを履いて出発しました。
昨日のトレースはきれいになくなっていて、一面新雪。
ラッセル隊長のS藤さん、所により膝上の雪も
がんがん踏み越えてゆきます。

三ツ石山は天気が良くても山頂付近は風が強いことが多い。
天気の悪い本日などなおさら。
地図にコンパス。所によりGPSを駆使して山頂を目指しました。
傾斜が弛み、もう少しで山頂ではありましたが、
ホワイトアウト+強風+私が無言。

という状況判断から、
行くことはできても、帰りの滑りで迷ったら危険との判断で
撤退となりました。


帰りは、メンバーがはぐれないように、
スキーにはシールをつけたまま深雪パウダーを下山。
小屋が見えて来てホッとしました。

昼過ぎに網張スキー場に戻ると、下界も下界で悪天候。
スキー場内で遭難するんじゃないかと思ったくらい。
今回は珍しくも悪天候に恵まれ(?)、とてもいい経験ができました。

昨年の冷えの経験から取り入れた、足カイロ。これが
とても良くて、足先がかじかむことはなく快適でした。
しかし手指の冷え対策はまだ不足。
またグローブをバージョンアップしなくては。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。