第15回八幡平樹氷ツアー

NO IMAGE


3月6、7日、第15回八幡平樹氷ツアーに参加して参りました。
昨年に引き続き、2度目の参加。
今年の雪はこのくらい。昨年はこの標識と並んで記念写真だったから
かなり雪解けが進んでいました。


八幡平スキー場のリフトを降りた後、ふけの湯温泉を眼下に
冬期閉鎖中のアスピーテラインまで降りる。
そのあと、およそ100mの登り。
このツアー一番の試練。
しかもメンバー中には昨夜のアルデヒトに
苦しみながらの方もちらほら。
今回、やっとお会いできたbinchan様も
朝のうちは辛そうでした(^^;


天気は穏やかで風もなく、雲の切れ間からは日が射してきた。
朝のうちは結構寒かったが、青空が出てくるにしたがい、
また、100mの登りを進むにしたがい、
「暑い~」の声があちこちから。


振り返ると焼山。
雲がとれれば、あの奥に森吉山が見えるのだ。


急登も終盤。霧氷が朝日を透かして、頭上に広がる。
雪は堅く締まっていて、ラッセルの必要はなし。
ただ、帰りのスキー滑降が思いやられる雪質だ。


田代沼の広場に出て、記念撮影などして休憩。
相変わらず無風で、暑い。めいめいが上着を脱ぎ始めて
放熱体勢に。


山頂手前にある1604mのピークで、遠くに岩手山が見えてきた。
そして八幡平の山頂1613.3mの
なだらかすぎるピークも見えてくる。
ここからは、八幡平登山の醍醐味、だだっぴろい雪原を
視界も良好なのでめいめい横一列で進んでゆく。


予定より早く八幡平山頂到着。
昨年は「八」の字だけだったけど、今年は「八幡平」まで。
この横には展望台があって、高さは4m20センチとのこと。
積雪は3mちょっと。


山頂から稜雲荘へ向かう途中、
岩手山がこんなに大きく見える。
横には早峰池山も。


いつもは真っ白な小屋だが、今年は陽気のせいというか
温暖化のせいというか、本来の姿を見せていました。
なるほど、あんな小屋だったのか~。


薪ストーブで温かい小屋で一時間ほどランチタイムを
楽しんだあとは、下山。
いつもならば、シールはずして楽しい滑降タイムですが
今年は、午後になっても硬い雪に暴れるスキー板を必至で
制御しながらのヒヤヒヤ滑降。
それでも上手な人は、華麗なショートターンで滑って行く。。。


スキー場リフト降り場でゴール。
このあとはツアーでお世話になった八幡平レークインで温泉。
ここの温泉のお湯はお気に入りで、
温度もちょうど良くそして、美肌の湯と言う通り
肌の調子がとても良くなるのです。

リピーターが多いこのツアー、
私もすっかりリピーターの仲間入りです。
毎年3月第1週が開催でしたが、2年連続樹氷ではなく
霧氷ツアーになってしまったため、次回からは2月の開催を
検討するようです。

このツアー、何が楽しいって
前日の初対面の山仲間たちと、遅くまで宴会で盛り上がったり
最後にみんなで「雪山讃歌」を歌ったりが
とてもいいのです。

ツアー自体も、鹿角山岳会のみなさまの
掛け合い漫才がまた、密かな楽しみ。
来年もまた行きま~す。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。