2010年5月30日 神宮寺岳と大平山

NO IMAGE

P5301157.jpg
秋田市から大曲方面へ、国道13号線をクルマで走ると
雄物川を挟んだ向こうに尖った山が見えてくる。
これが神宮寺岳。標高277m。

そのすぐそばに、テレビのアンテナ塔が林立する山が
大平山。標高387m。
本日は、天気に誘われて二つの里山に向かう。

jinguji-log-s.jpg
まずは、神宮寺岳。
低山でしかも30分ぐらいで登れる山だが、
見た所、この急峻な山をほぼ直登。
なので本日はスパイク長靴で。

P5301039.jpgP5301043.jpg
クルマを雄物川のほとりにある駐車スペースに停める。
神宮寺岳登山口の標識は、
気合いの入った矢印マークが
既に急な登りを予感させてくれる。

P5301046.jpg
急な登りをちょっと行くとすぐに、
意外に大きな鳥居が迎える。
ここをくぐって登山道は、ぐいぐいと登る。

P5301048.jpgP5301049.jpg
マイヅルソウが見頃だった。
こちらは山菜ソデコの花。
丸くてかわいいぼんぼり型。

P5301054.jpg
登山道は地形図通りほぼ直登。湿った粘土は滑りやすく
所々にトラロープが設置されていた。
すぐ左の谷を、沢があるようで
せせらぎの音が涼しく聞こえる。

P5301055.jpg
ふうふう言いながら登って行くと、標高はぐんぐん上がり、
眼下に雄物川が見える。
川の水面の色がツートン。
向こうの深いブルーは玉川からの水なのだそうだ。
ふたつの水質はなかなか混ざりにくいらしい。

P5301058.jpgP5301057.jpg
足元に、アールヌーボォーチックなキノコ発見。
ベージュと紫って絶妙な配色です。

P5301061.jpg
頭上からときおり何かが落ちてくるので、見るとこんな花。
後で調べるとトチの木の花。木に着いているうちは
白い花なのが、受粉すると
こんなふうに赤色が差して、落ちるのだそう。

P5301063.jpg
里山だと思って軽い気分で来たら、結構がっつり系。
急な登山道に岩が出てきた。
天気はいいが、初夏の日差しを新緑が覆っているので
山中は、ひんやりと心地よい。

P5301066.jpg
分岐に出た。傾斜が緩くなって、間もなく山頂の神社だ。

P5301069.jpgP5301070.jpg
山頂神社に到着。ここには4等三角点がある。
眺望はまったくなし。木々の隙間から
かろうじて向こうが見える程度。

P5301072.jpg
下って、先ほどの分岐の先へ行くと見事な3本の大木がある。
神社前よりこちらの方が休憩には良さそうだ。
ガイドブックを見ると、
この先に道があるがやや廃道気味のようだ。

P5301074.jpg
何とか踏み跡もあるので、帰りはこちらを辿ることにする。
尾根につけられた道は、登りの道よりもカラッと乾いていた。
所々ササが多い、灌木にも遮られ何とか進むが、
やがて倒木が多くなり
こうなると道が分かりにくくなる。

P5301077.jpg
標識のある分岐の道まで出る。
こんなふうに標識は山頂を示すのだが、入ってすぐの倒木に
道は塞がれ、登って行く気にはならないだろう。

P5301078.jpg
その後、沢気味の道になる。
伐採後の杉の枝が沢を埋めていて、
とても歩きにくかった。

P5301082.jpg
で、道路に出るとここにも
その歩きにくい登山道へ誘う標識がある。
標識が示す方向は、道には見えないから、
ほとんどの人は踏み入らないだろう。

P5301100.jpg
クルマまで、舗装された林道をてくてく歩く。
珍しい花がたくさんあって、飽きない。これはスイカズラ。

P5301104.jpg
あとで調べますか。。。。ヤマブキソウ、かな。
そうかも。
違ってました。ヤマブキソウは秋田にはないとのこと。
正解はクサノオウ。ケシ科の有毒。

P5301159.jpg
さて、お昼間近ではありますが次はこちら、
テレビ塔がある大平山へ。
テレビ塔が興ざめな感じだが
さて、いかに。


地形図では薬師神社からの登山道があるようだ。
あいにく地形図を持っていなかったので
立派な薬師神社前を通り過ぎて、
奥の蛭川登山口の駐車場にクルマを停めた。

P5301111.jpg
駐車場からは、山頂がよく見える。直登するかと思ったが
道はその山裾を巻くように付けられていた。
登山看板を過ぎて広場を横切って緩い下りになる。

P5301114.jpg
山頂まで30分、姫神公園まで
30分の標識がある分岐に着くと、
そこから、長い階段が始まる。
こちらも結構な登りだが、
途中で展望が開けるので中々楽しい。

P5301117.jpg
階段を登りきると、今度はこんな平坦なかわいい道。

P5301121.jpg
で、再び階段。
神宮寺岳に比べると、こちらは暑い。

P5301123.jpg
山頂が近づくと電柱が現れる。
小さい電柱が、申し訳なさそうに立っている。

P5301126.jpg
電柱等あって興ざめではあるが、見晴らしは素晴らしく、
なんと、秋田駒ヶ岳から岩手山までよく見える。
もちろん和賀岳、真昼岳、焼石岳
・・・つまりぐるりと良く見える。
本日は男鹿半島と日本海まで展望できた。

P5301141.jpg
山頂到着。お腹空いた~。
すぐ手前に三吉神社がある。その奥がテレビ塔。
各社3つぐらいあった。

P5301133.jpg
NHKのテレビ塔から西を見ると、
そこにはど~んと鳥海山が展望できた。
お昼はこの特等席でいただきます。
うれしいことに、鳥海山の展望はずっと山並みの奥にあり
実に素晴らしい。

P5301135.jpgP5301137.jpg
ラーメンが出来るまでのおにぎりと、
採れたてタケノコラーメンと。
タケノコは採れたてが柔らかくて美味しい。

P5301143.jpg
さて、下山。
延々と続く階段は、登りよりも下山でかなり急だと感じた。
階段がなければ、こんな直登では滑って大変だろう。

P5301144.jpgP5301145.jpg
大曲と神岡の境界で少し行ったところに
「ばっけ杉」があるようなので、寄り道してみる。
緩い道をてくてく進むと、登山道の真ん中に
ばっけ杉はあった。

P5301148.jpg
裏に回るととにかく大きくて奇怪。
ばっけ、というのは「お化け」から転化したのか。
見応えのある杉だった。


再び境界に戻って、下山というよりは
落ちていくような斜面を下っていく。
午後には雲が出て来たが、気持ちのいい里山歩きができた。
朴の木の花が、葉っぱに似て大きく咲いていて見頃だった。

P5301160.jpg
ちょっと育ちすぎた感じのウドを収穫。
ビールのお供にきんぴらにしてみた。
ほろ苦い独特の風味が溜まらない。
ごま油で材料を炒めて、しょうゆ、砂糖、
日本酒を各大さじ1ぐらいで
カラカラになるまで炒めれば出来る。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。