2010年9月30日 森吉山、桃洞滝からトウド沢での遭難

NO IMAGE

何度か、遡行したことのある場所での遭難ニュースは
やっぱり気になってしまう。
関東から来ていた3人の男性が、
沢歩きに出かけたまま戻らないので、
妖精の森コテージさんが捜索依頼を出し、
本日30日早朝から、ヘリなどが出動して捜索。

午前10時頃に、無事、発見されたそうだ。
こんな時の情報は森吉のT中さん。
さっそく状況を確認したところ、
3人は、桃洞沢を上がって、男滝上の右の沢/左の沢二股を
左に行かずに(沢に気づかず)、
右の沢に入って、迷ったとのこと。

たぶん、ここ。赤水沢へはここを左へ入るのだが
間違いやすい場所なのだそうだ。
※写真の「こっちへ・・・」は
本文とは関係ありません。。。


そして3人は、赤水沢へのコルが判らず、
戻って男滝付近でビバーク。
ちなみにこれが男滝。矢印は本文とは関係ありません。。


翌日(30日)予定コースの左の沢を見つけて、
赤水に乗り越し、兎滝付近でヘリに発見されたとのこと。

これが兎滝。

ツエルト準備し、翌日にはちゃんと
予定通りのコースに行ってるから、
本人達は遭難のつもりでは無いだろう。
装備・能力問題なしのパーティーだ。

予備日あると伝えてくれれば、
捜索依頼出さなかったと、妖精の森コテージさん。
桃洞滝から男滝を越えるルートは
ちょうど今年の初夏に私たちも遡行している
これが、桃洞滝をすぎてすぐに合流する沢。
高場森付近まで延びる林道付近まで伸びるので、
エスケープルートに使える。


また、もしエスケープするなら
高場森まで登って(途中から登山道あり)、
林道に出るコースも取れる。ちょっと複雑でしたが。。
人気の沢とのこと。

入渓の際には、是非エスケープルートを確認し、
予備日と装備は万全に、そして登山計画を他人にも伝えて
楽しい沢歩きを楽しみましょう。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。