2010年10月24日 キノコ採り2日目は温泉付き

NO IMAGE

キノコ採り一日目はこちら

さて、キノコ採り二日目は
こんな景色が楽しめる場所から。
しかしながら、山は乾いていて
ニガクリタケばかりがやたらと大盛況。
1時間ほど歩き回ってから次のポイントへ。


何かモフッとしたものが
いそいそと出て来たと思ったら。


なんと、アナグマ。しかも正面カメラ目線。
「あれ、美味しいんだよ~」
なんでも、狸よりも美味なんだそうです。
キノコが採れなかったら、アナグマ鍋か。


さて、こちらのポイントではブナカノカ。
そろそろ終わりかな。
バター炒めが美味しい。
鍋の場合は、だしが強いキノコなので、
たくさん入れると味が強すぎて
他の味が負けてしまうほど。


こちらムキタケ。
そろそろ食べごろシーズンに。


まだまだチビっ子のムキタケも
頼もしいくらいたくさん顔を出していた。
味よし、口当たりよしで好きなキノコのひとつ。


本日の収穫。ムキタケが多くなり
季節の移り変わりを感じる。


キノコ採りのあとは、なんと。野天風呂。
これが源泉掛け流しでちょうどいい湯加減。

野天風呂なので、
もちろん入浴税も何もかかりません。
ツェルトで着替えてザブン。
紅葉の森の中、贅沢なひととき。
広い公園なので誰もこない。
我々が風呂に入っている間、キノコは笊に入れて
小川のせせらぎで虫出し。


温泉で温まり、キノコ鍋を食べ満足して
帰路に着こうとしたときに、
ふと樹の影からこちらを伺う気配が。。。


俗称、ヤナギモタシ(ヌメリスギタケモドキ)
なのだそうだ。
柳の下のどじょうならぬ、柳の上のキノコ。

柳にこんな風に、生えるのだそうだ。
しかも、食べられる。
見かけた際には、鍋でどうぞ。
キノコ採り一日目はこちら

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。