2010年10月10日 松茸狙いで!

NO IMAGE


一雨降った翌日の日曜日。
今年は松茸の当たり年という噂がちらほらと囁かれ、
流行に疎い我々も、これは狙わねばと山に向かう。
しかしながら、目当ての稜線にたどり着くまで、
まるで我々の侵入を阻むかのように、
幾多の誘惑が立ちふさがった。


誘惑の一つがこちら。
ぴっかぴかのサワモタシちゃん。
足の踏み場もないほどに登山道ど真ん中に現れた。


ここにも。あ、あっちにも。そこにも。
なかなか前へ進めない。
キノコは採るときにその場で、
石づきを取り除いてしまったほうが
帰ってからの処理が楽。
土も着かないのでキノコもきれい。


サワモタシのおチビちゃん。
きっと明日には立派に成長して
登山道を塞ぐだろう。


すでに持参した袋がいっぱいになったが、
本命目指して進むと
こんどは、アミタケがそこかしこに現れる。


こちらはマッシュルームの仲間。ハラタケ。
首飾りと、ヒダの茶色が特徴。


こちらは毒キノコ。クサウラベニタケ。
柄の部分を押すと中が空洞なのが分かる。
裂いてみるとこんな空洞がある。
ウラベニホテイシメジという
食べられるキノコと間違えやすいとのこと。


さて、赤松が生える稜線。本当に立派。
アミタケに行く手をはばまれている我々を
一組のクロウトっぽい二人連れが追い越していった。

どうやら狙いは同じく松茸。10年振りに来たという。
彼らの後から行ったんじゃ、
何も残らないのではと、弱気になりつつ登る。と。


あッ!!!


これは!


どこからどうみても、松茸!
生えているところを、生で見たのは初めて。
欲張りモード全開で、柳の下のどじょうならぬ、
赤松の下の松茸を探すも、本日の収穫はこの一本。

先行した二人も降りて来たが、採れなかったとのこと。
なんという、ビギナーズラックだろう。


さて、キノコは採ったあとも大事。
まずは新聞紙を広げ、
サワモダシは小さいのと大きいのに分ける。

これは大きいのは芋の子汁や納豆汁用、
小さいのは大根おろし和えで食べるため。
そのあとは、ボウルや鍋に水を張り、
何度か水を換えながら虫出し。


虫出しが終わったら、大鍋にお湯を沸騰させ、
適量ずつキノコを茹でる。
2~3日で食べてしまうのなら、
再沸騰するくらいで取り出し
あら熱を取って、密封して冷蔵庫へ。

長く茹でるとシャキシャキした食感や
ダシが失われてしまう。
さっと茹でただけなので、
料理するときは、必ずしっかりと火を通す。


本日はサワモダシとアミタケの大根おろし和え。そして
松茸は網で炙って。もちろん日本酒熱燗。
美味しい秋の味覚。
ごちそうさまでした(^^)

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。