2011年4月24日 胡四王山ハイキング

NO IMAGE


胡四王山は標高183m。宮沢賢治もよく訪れたという里山で
山頂には胡四王神社がある。
天気もすっきりしない日曜日、来週は山岳会の遠征があるので
足慣らしと、気分転換を兼ねて山へ。

この山の一角に宮沢賢治記念館もあるのだが、そこは通り過ぎ、
高速道路と線路のそばの
大きな赤い鳥居をくぐって、入山する。

登山口というよりは「参道」入り口だ。
古い鳥居をくぐってすぐに、地元のさざれ石で出来た
急な階段がある。
とても急なので、横にあるつづら折りの巻き道へ・・・・(^^;

なんと、カタクリの群落が見頃だった。

エンレイソウは見慣れた秋田のよりも
やや小振りでかわいらしい。

山菜も出始めている。ウルイだっけ?

巻き道を使って、神社に到着。

参詣して横を見ると、大きな岩がまっぷたつになっている。
切り通しか、自然に割れているのか分からない。

広めの参道。良く手入れされていて、広い。
一株のカタクリを避けて、草刈りがされているのが
うれしい。

登りきったところに広場があって、あずま屋と、
おおきなさざれ石。それを取り囲んで、ツツジが春の日差しに
光っていた。

葉っぱより先に、花が満開のツツジ。
ちょうど見頃の時期と時間だった。

山頂の神社へ階段が続く。
両脇は、カタクリで埋め尽くされている。

光と色彩。
雪景色のモノトーンに閉じ込められて暮らす、
雪国の我々には、待ちこがれた春がこぼれている。

クロモジの黄色が青空に映える。

階段の中腹に、何やら神聖な場所があった。
謂われは分からず。
さっき通って来た神社の「切り通し」と同じように
割れた石がある。

山頂直下、というか神社直下、
花火のようにショウジョウバカマが咲いていた。

30分ほどで山頂の胡四王神社。広くて立派。
坂上田村麻呂が、この地に武運を祈って
兜の薬師如来像を納めたのが始まりなのだとか。
秋田市には古四王神社が、古代の神として
祭られているが、関係があるのだろうか。

神社の彫物もとても素晴らしい。
もっと侘びた神社かと思っていたので意外だった。

見晴らしは良く、木々の間から姫神山、岩手山、早池峰山方面が
開けている。本日は雲の中だったけど。
ここで、コーヒータイム。よもぎ大福でひと休み。

日だまりで休んだら、遊歩道を散策。
双子星展望台へ。

かわいらしいあずま屋と、カタクリの群落。
ここにはヒメギフチョウという珍しい蝶が生息しているそうだ。
なんと、目の前をひらひらと、その蝶が飛んで行った。
アゲハよりも小振りで、羽根の先に赤い色がある。

これ。
写真には撮れなかったけど、見ることができて嬉しい。

胎内くぐりの岩があるようで、ぐんぐん山をくだって行ったが、
ついに見つけられず。
あとで調べたら、線路脇まで山を下りていくようだ。

胎内くぐりが見つけられず、戻るのだが、収穫といえば
これ、アズマイチゲとキクザキイチゲ。
左がアズマ。花びらの付け根が紫色でちょっと大人っぽい。
キクザキは単色。ちょっと見はそっくりで見分けがつかない。

日当りのいい小川の脇には
カタクリとニリンソウ、キクザキイチゲのお花畑。
カタクリに遠慮してか、ここのキクザキイチゲは白がほとんどで
ムラサキ色はちょっとしかない。

こちらはヒメアオキの雄と雌。
両方同じ樹なのだ。

こちらはフクロウ。あずま屋の屋根にいる。宮沢賢治の世界。

山の麓のなめとこ蕎麦屋で
ざるの中盛り。
ごちそうさま。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。