2011年5月3日 秋田から涸沢小屋へ

NO IMAGE


前日、横手を21時に出発し、3人で運転を交代しながら沢渡へ。
沢渡からバスに乗り換え、左に焼岳を見ながら進み、
朝8時、北アルプスの玄関、上高地に到着した。

梓川の向こうに、目指す奥穂高が悠然とそびえる。
今日はここから、あの山の裏側にある
涸沢小屋まで歩くのだ。

上高地から横尾までは、散策に訪れる一般観光客も多い。
私も浮かれて、河童橋で記念写真など撮る。

8時35分、小梨平キャンプ場を通過。

対岸にそびえるのは明神岳。標高2931m。
アルプスっぽい岩の山。

小梨平からの林道沿いには野生のサルが多数見られる。
人慣れしていて、かなり近づいても逃げようとしない。
しかし、サルは目を合わせると威嚇してくるから
注意が必要だ。

9時15分、明神館到着。
上高地から横尾迄の林道歩きでは、約1時間ごとに
休憩ポイントがあって、トイレもきれいなので気楽だ。
今日のパーティは矢留山岳会の橋Tさんと、S藤さんと私。
2人は三年前に、槍をめざしてここを歩いている。
当時に比べると若者が断然増えたそうだ。

渡らないけれど、明神橋に立ち寄る。
明神岳がかっこいい。

明神館は一畳、2食付でこんな相場。
お風呂も入れる。

明神館を過ぎると、徳本(とくごう)峠との分岐がある。
昔は上高地まではこの峠を使って往来したそうだ。
常念岳へは、ここから登ることができる。

我々は徳沢方面へ。
この林道で標高が1500mくらい。
秋田なら森林限界に差し掛かろうかという標高だが、
ここでは、まだこんなに木々の背が高い。

林道脇にちらちらと、真っ赤な色彩が気になって見てみると
キノコだった。ベニチャワンタケというキノコで
雪融け後の今の時期だけ見られるそうだ。

10時45分、徳沢を過ぎ、

横尾が近づくにつれ、屏風岩が見えてくる。
一枚岩なのだそうだ。

11時50分、横尾到着。
ここは横尾尾根のちょうど端っこに位置する。

横尾を過ぎると、ようやく林道歩きから解放される。
一般観光客もいなくなり、登山者だけの世界となる。

屏風岩が対岸に聳える。
S藤さんは、昔登ったことがあるそうだ。

雪が多くなるに従い、登山道は傾斜を増し、
山歩きらしくなる。
林道では歩きにくかった登山靴は、傾斜が出るにしたがい
本領発揮し、頼もしくなる。

雪に埋もれた横尾谷は、やがて本谷橋付近に到達する。
橋があるようだが、雪に埋もれてまったく分からない。
この辺りで、アイゼンを装着した。
S藤さんは、アイゼンは不要とそのままどんどん進む。

本谷橋付近からは、雪崩の跡のデブリが
えんえんと谷を埋め尽くしていた。

あちらこちらに雪崩の跡がある。

涸沢に差し掛かる頃、雪が降り始めた。
ヒュッテ方面はガスがかかり視界があまりない。
ここから傾斜がキツくなってくる。
しかし雪が締まっていて、アイゼンが効いて歩きやすい。

15時50分、テント村に到着。
ガスで視界が悪く、今夜の宿の涸沢小屋がどこにあるのか
見当たらない。

地形図が示す方向に、うっすらと建物が見えた。

小屋のすぐ横に大きな雪崩の跡があった。
近づいて、ピッケルでつついてみると雪は堅く、白い岩のようだ。
これに巻き込まれたらよっぽどの奇跡でもない限り
助からないなと思った。

16時10分、涸沢小屋到着。
避難小屋しか泊まったことがない私は、今日が山小屋デビュー日。
しかも人生初の3000m超えだ。

先に到着していたS藤さんが、
すでにチェックインを済ませてくれていて、さっそく部屋へ。
1畳に二人の混雑ではあるが、部屋は暖かく布団が気持ちいい。

食事では、念願の「山での生ビール」で喉を潤し心地よい酔いと
疲労感に充実感を味わう。
消灯は9時なのだが、部屋へ戻り8時前にはストンと
眠りに落ちてしまった。
←←山行グルメはこちら →→翌日は奥穂高へ!

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。