2011年9月17日 森の変なきのこ達 1

NO IMAGE


久々の山行予定が雨。せっかくなので
きのこ散策に切り替えた。
岩手県の花巻市にある、胡四王山へ。
駐車脇で森のキノコ達、歓迎モード。
ひょろっとした小さなキノコで、これらは「ハナオチバタケ」。
小さいし細いし食べたい気はしないが、あえて聞いたら「不食」とのこと。

雨のおかげでキノコがたくさん。
こちらはテングタケ。
言わずと知れた毒きのこ。
この仲間はほとんどが有毒のようだ。

キノコの香る森を行くと、なにやら気配が。。。

でかい。
こちらもテングタケの仲間「シロオニタケ」。
傘にはイボイボがあって、傘の下に
フリフリがある。

フリフリのアップ。

さて、毒といえばこちらもテングタケファミリーの「ドクツルタケ」。
フリフリがあって、傘の表面はなめらか。
とにかく真っ白できれいだが、これ一本で大人一人の致死量というから
怖すぎる。

まだまだいるわ、いるわ、テングタケファミリー。
こちらは「シロテングタケ」かな??
フリフリはこちらはちょっとアバンギャルドな感じ。

こちらは誰でしょう。
変なカタチ。
「カブラテングタケ」らしい。
テングタケの仲間。もちろん有毒。

カブラテングタケ、大きくなるとこんなふうに
傘が開く。

下から覗くと、お決まりのフリフリが
ちゃんとある。
食べちゃいけないテングタケ、本日の収穫を
まとめてみました~。
森の愉快なきのこ編に続く

花とキノコとモフモフとカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。