2012年1月24日 「看脚下」

NO IMAGE

先日の土曜日は、年明け初のお茶のお稽古。
年末年始含め、1ヶ月ほど稽古が休みとなり、
覚えたはずのお点前も、遠い記憶となりさんざんでした。。。
それでも久々の炭がはぜる音や
ほのかなお香の香り、
茶菓子には花びら餅、そしてきりっとした濃茶を味わい、
あっというまに時間が過ぎました。
本日のお軸は、豪快な崩し字で全く読めず
あとから先生に「看脚下」と教わりました。
かんきゃっか、と読みます。
己の足下をよく見よという禅の言葉だそうです。
高い目標や遠くを目指すなら
まずは足下をしっかりせよ、ということで
今年はじめての稽古には、またとない言葉です。

写真は本題と関係ないですが、芽吹き屋のジェラード。紫芋。
ここのジェラードはユニークなものが多く、
他には、黒豆ジェラード、きなこ、かぼちゃ、ずんだ、など
たくさんある。
岩手の県道13号線沿い。
南昌山からの帰りなど、ちょうどいい。

茶道のお稽古カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。