内反小趾ですね。という言葉ひとつ医者から貰って
気がつけば、何にもない荒野にひとり放り出されていた。
この症状の患者は日本人の7~8割にも達するという。
しかし、整形外科に行ったところで治療法なんぞ
まだ確立されていないようで
医者がすることは、レントゲン撮って内反小趾と診断し、
手術が必要かどうかの判断だけである。
手術が必要なければ、診断結果だけ与えられ、
地形図もないような荒野にいきなり放り出され、
「早めにオーダーメードの靴を作るのがベストです」
グッドラック!ハイさよなら。
患者はとにかくこの痛みが、内反小趾だと知り一時は
そうかーと納得する。しばらくして、自分が置かれた場所は
地図もなければ、現在地も分からず、誰かが通りかかるかすら
分からないような、辺境の地であることに気がつき呆然として
遥かな地平線を眺めるのである。
どこへ行けばいいのだろう。
情報がない。じたばたと情報検索をしはじめる。
見つかる情報は、真偽のほどはまったく分からない。
まさに、辺境の地の旅人と成り果てた自分を思い知る。
しかし、真偽が分からなくてもとにかく一歩踏み出さなければ
誰も助けには来てくれない。
こっから先は、さながらRPGだ。
何が良くて何が良くないか、自分で判断して進むほかない。

ここから抜け出すには、靴を探さなければならない。
そして私は、走り続けたいので
真っ先に「走る」ための靴を新しくした。
幅が広ければいいかと思ったが、そうでもなく、
素材が柔らかいことが一番だった。ナイキのランニングシューズ。
インソールは、登山靴で使っていた古いやつを入れたら
格段に足の調子が良い。
オーダーメードの靴がベストだが、一足10万円なんぞ
私にとっては非現実もいいところだ。
しかし、そこまで浮世離れしなくとも
インソールを変えることでもかなり効果があるようだ。
インソールの働きで、土踏まずを押し上げて、
踵が動かないよう踵をしっかりとホールドすることが重要なのだそうだ。
 

こちらは、パンプス用にネットで購入した。
これ単体では全然ダメ。4000円近くもしたのに
外したなと思ったが、これと、靴屋で売っている踵のフィット感を
調整する踵パットを併用したら、手持ちのパンプスがかなり
履き心地がアップした。

こちらは1300円ほどでドラッグストアで売っていたインソール。
安いし、これで解決すれば最高だなと、試しに購入した。
23.5~25サイズまでと唱っていたが、

中身は24.5までだった。うさん臭い。
うさん臭いと思いながら、スニーカーに入れてみたところ
これが、思いがけず良かった。
まず、土踏まずを押し上げて足を安定させてくれる。
これで足の形が整うので、指への負担が軽減される。
安い割にいい仕事をする。
パンプス用に、23.5までのSサイズも購入したが、若干小さい。
ややサイズにいい加減な商品なので、大きめを購入することを
薦める。

そして、昨日届いたのがこれ。
足ゆび運動草履。5000円もした。
効果にはメーカーも自信があるようで、使用前使用後の
足の型を取るためのペーパーまで付けてくれていた。

効果があろうがなかろうが、今は草履が一番らく。
足ゆび運動草履の売りは、指部分が切り替えになっていて
一段低くなっているところだ。
これで、歩いたときに、ちょうどわらじを履いたときのような
足指のふんばりが必要になり、弱った足指の筋肉を甦らせるらしい。

5本指ソックスもおまけで付いてきた。うれしい。
履いてみると、たしかに足指が仕事している実感がある。
外反母趾や内反小趾の原因のひとつに、歩き方からくる
足指筋肉の衰えがあるらしい。
そして、前に、一日着物で過ごした日、当然足は草履だったが
この一日でかなり内反小趾の痛みがなくなった体験がある。
会社で、いつもの内履き用サンダルが今は痛くて履けないので
さっそく内履きとしてこの足ゆび運動草履を履くことにした。
我ながらその神経よ。。。


外履きにはこちらの草履。1000円。
これで出社してみたが、制服にこれは
さすがに自分で引くものがあった。じゃりんこチエ感ハンパない。

草履でも違和感ないように
いっそ、着物で過ごすかと久々に着てみる。
いいかも。