羽生結弦が好きすぎて

現職捨てて、部署変えて仙台へ移住したわたし。

職場の男性社員がそれとなく、

チョコの件をほのめかすも

すまんが2018年2月14日というのは

わたしにとって

フィギュアスケート男子シングル

ショートプログラムの二日前の

公式練習がある日という位置付けだ。

いわば祈祷ウィーク真っ只中で

チョコになど、ましてや義理チョコになど

気が回る余地もない。

 

そもそもチョコというものは

羽生結弦選手のクリアファイルを

コンプするために鷲掴みで大人買いし、

その後一年かけて食べるという、

そういう神聖なもの。

義理でなど買うものではないのだ。

しかも羽生選手のクリアファイルもなしに

なんのためのチョコなのか。

ガムもしかり。

そうそうP&Gの柔軟剤しかり。。。

ツムラの入浴剤しかり。

 

そのように言いたいところを面倒なので

「わたし、バレンタイン興味ないんで」

と、あげるつもりが1ミリもないことを

要約して伝えた。

これだからわたしは友達がいないのだろう。

彼氏もしかり。

 

だがいいのだ。

なんてったってショートプログラム、

羽生結弦選手、

圧倒的に一位!!!!!

思い起こせば去年のグランプリシリーズ、

ロシア大会のあとは怪我で欠場。

しかもジャンプを飛び始めたのが怪我明け

3週間ほど前で、クワドは2.5週間前。

語ればきりがないし、そもそも今夜は

日本中のメディアでこの奇跡が

報じられるだろうから

ここでは語らない。

 

さて、明日のフリーに向けて

祈る!

レッツ祈祷!