ORG_DSC02220.jpg
おだやかな秋の週末。
美大生の若者たちときのこの会に参加した。
場所は乳頭キャンプ場。ブナの美林を抜けて到着。

ORG_DSC02196.jpg
きょうのキノコの会は
秋のキノコを味わおう!という趣旨。
なので、食べられるキノコを主に探すのだが、
キノコって食べる食べない関係なく味がある。
なぜそこに挟まるのかと思うとじわじわ来るその存在感よ。。

ORG_DSC02210.jpg
つやつやのチャツムナメタケ。
ナメタケみたいに食べられる。

ORG_DSC02206.jpg
おなじみ、チシオタケ。傷つけると流血して
ホラーな佇まいになるきのこ。

ORG_DSC02226.jpg
誰だろ。ホテイシメジかな?
食べられるのだが、酒と一緒だと数日間、
悪酔い状態になるという恐ろしいキノコ。

ORG_DSC02223.jpg
こちらもチシオタケかな。

ORG_DSC02207.jpg
ひとりぼっちのサワモタシ。
ナラタケだ。今日はちょっとしかいなかった。

ORG_DSC02198.jpg
だれかな。木から生えていた。

ORG_DSC02203.jpg
苔のなかにも一人たたずむ。

ORG_DSC02201.jpg

ORG_DSC02231.jpg

ORG_DSC02240.jpg
本日の若者たちの収穫。

ORG_DSC02243.jpg
ブナハリはバター炒めに。
チャツムナメタケは甘辛煮にして大根おろしを添える。

ORG_DSC02244.jpg
そしてメインがキノコ鍋。
クリタケ、ハツタケ、アイシメジ、
ムキタケ、チャツムナメタケ、ブナハリ、
などなど10種類ぐらい入ってたかも。
奥行きあるダシで絶品。

ORG_DSC02250.jpg
シメにうどん投入。
お腹いっぱいだがおいしくて食べてしまう。

IMG_7661.jpg
帰りはせっかくの温泉郷だからと黒湯へ。

IMG_7623.jpg
登山でよく来るが、
下山後では日帰り入浴が終了してるので
入ったことがない。紅葉がちょうど見頃。

IMG_7627.jpg
湧き水を引き込んでいて
風呂上がりに柔らかな喉越しでおいしい。

IMG_7630.jpg
ラムネもあります!

IMG_7628.jpg
もっとひなびたイメージを持っていたが
ひなびた感をかもしつつも
モダンになっていた。テンション上がった。

IMG_7631.jpg
茅葺き屋根のカフェ。
時間があればまったりしたいぞ。

IMG_7635.jpg
外でもくつろげる。

IMG_7652.jpg
うたせ湯専門ゾーン。脱衣所がなかったから
むーん、どうやって打たれればいいのか。
アプローチに悩む。

IMG_7656.jpg
が、男女別のこちらの湯にも
打たせ湯があったので、湯に打たれたい方はご安心を。

IMG_7655.jpg
お湯はぬるめでのんびりと長湯ができる。
ぬるいながらもじわじわと体が温まって、
秋の冷えた空気が一層心地よくなる。

IMG_7639.jpg
マサルも待ってるよ!かわいいパペット。