エナガという野鳥をご存知だろうか。
スズメ目の鳥でとにかくちっちゃくて
とにかくべらぼうにかわいい!!

わたしのなかのかわいい四天王に
堂々ランクインしているほどに
かわいくて仕方ない。(※画像はフリー素材から)

マイフェイバリッツかわいい四天王=

エゾモモンガ、羽生結弦、
エナガ、にゃんこ先生。

IMG_8195.jpg
あんなちっこい鳥、見つけられないだろうなと
諦めて生きていたがなんと!
土曜日に出かけた物見山の帰り道、
エナガ軍団に遭遇した。

だがとにかく小さくて、逆光ぎみで
ようやくスマホで撮れた写真がこれ。
エナガへたくそ写真選手権にエントリーできるわ。

とはいえエナガの最大の特徴の
長い尾羽が写っているからまあいいか。

エナガは木の枝などに
ぷらーんと逆さまにぶら下がることもあるのだが、
それが見たかったが
エナガの大群に目を奪われ動揺し
ぷらーんを見ることができなかったのが
心残りっちゃ心残り。

エナガの名前は
エ(柄)が長いので。
長い尾羽を柄杓などの柄に見立てた名前。

だからエナガを模した置物や
人形などを作る際には
丸いボディになが~い尾をピンっと着けて
ゴマ粒のような目ふたつと
ちっこい嘴をつければだいたいそれと
理解できるものが仕上がる。
冬休みの課題にどうぞ。てな。

IMG_8188.jpg
そのエナガスポットとなった種山高原の
宮沢賢治の詩碑への行程。
道路わきに2、3台ほどの駐車スペースがあり
てっきりすぐそこに詩碑があるかと
スマホ片手にぶらっと出かけた。

IMG_8194.jpg
案内図。大雑把すぎてよく分からなかったので
とにかく先へ。

IMG_8196.jpg
かなり歩いたところで詩碑まであと600mの看板。
小雪もちらつき、足元は残雪で
正直、あと600mという微妙な距離に
がっかりだ。

IMG_8199.jpg
ここまできて引き返すのも癪なので
この岩手ならではのまっすぐなみちを
あと600m進むとする。
適当なシューズを履いてきたので
雪がじわりと染みてくる。

IMG_8202.jpg
さあ600m歩いたぞと
たどり着いたところにあった看板。
この先に詩碑があるのかどうか
その看板には情報がなく、

IMG_8204.jpg
道はしっかりしているが
ここからまだまだ道は下って続くのだった。

IMG_8207.jpg
視界がひらけているところがあったので
見てみればさきほど登った物見山が展望できた。
雨量レーダーの建物も見える。

なんだか、エナガとこの景色で満足したのと
足が冷たいので詩碑はもういいや。
ということで、引き返した。

もう少し行った先に詩碑はあるとのこと。
気持ちのいい遊歩道なので
天気のいいときにでもいかが。