2019年2月 2日 乳頭山ラッセル:かなり途中まで

2019年2月 2日 乳頭山ラッセル:かなり途中まで


翌週は登山ガイドステージⅡの
ルートガイディング検定を兼ねた養成講座だ。
試験地はここ乳頭山界隈。
なので下見がてら乳頭温泉郷へやってきた。
コンプレッションテスト。
(このやり方は教科書とは違いますが。。。)

ここ最近、気温が緩んだあたりからの
大雪でこの気温。
弱層からあっさりと新雪部分が破断。
分かりやすいほどに雪質は不安定だ。
だが今日のコースは雪庇に気をつければ
雪崩の発生はまず、ないだろう。


乳頭山の雪山コースも夏道とほぼ同じ。
孫六温泉から登山道なのだが
なんと、孫六温泉が今年は冬の営業が
ないようだ。

いつもの駐車スペースもなく
当然、先行者がいなければここから
ラッセルが始まるのだ。
幸い本日は先行者がいるようだ。


孫六温泉の建物、
インドのターバンみがすごい。


孫六温泉からの取り付きは
なかなか急でいつも難儀する。
今日はスノーシューだからまだいいが
スキーの場合はジグを切って地道にいくか
もう少しこの尾根の向こうへ回り込んで
ゆるい斜度を登っていく。


だいたいひざから膝上までのラッセル。


940m小ピークの手前にあるワラワラとした木。
10時過ぎぐらいに小ピークに到着し
先行者の山スキーヤー二人に追いつく。

ラッセルもすごいのと滑りも
楽しめなさそうなのできょうはここで帰るとのこと。
ラッセル使わせてもらいありがとうございました。


小ピークからの痩せ尾根は
立派な雪庇ができていた。


通り過ぎるときの衝撃であっけなく雪庇崩壊。
伝播性がかなり。
この先のコルを過ぎ、田代平への登り斜面を
しばらく進んだものの
ラッセルに時間がかかりブナの林を
引き返すことに。
雪が締まったらまた来るか。


途中でルートを外れて見つけた。
画質が良くないが、赤いベレー帽をかぶった
天然記念物のもの。


黒湯温泉が見える。あちらも冬季休業だ。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。