2019-03-23-真昼岳.jpg
真昼岳にでも行こうかと調べると
どうやら最近、赤倉コースのほかに新しく
登山道が整備されたようなので使ってみることにした。
場所は、女神山登山道のある
善知鳥(うとう)口の北側付近。
大浅沢に落ちる尾根にあるようだ。

—————–コースタイム———————

  •  7:37 林道除雪終了点
  •  7:54 新登山道取り付き
  •  9:23 標高672m・赤倉コースと合流
  • 10:55 ヤセツル手前(本日はここまで)
  • 14:30 駐車場(途中、休憩しつつ)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1692.jpg
登山口の約500m手前まで入ることができた。
脇に除雪のためのスペースがあったので駐車。
新登山道は女神山登山口付近である。
女神山へは大浅沢を越えて向沢沿いを
進んでいくが、真昼岳への新道は
大浅沢沿いをそのまま進む。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1693.jpg
7時37分、出発。
ここから数百メートルほどだ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1697.jpg
林道の水たまりにはアカガエルの
卵があちこちに。踏まないように。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_169a.jpg
大浅沢を渡った向こうが
女神山への登山口方向。今日はこれを
通り過ぎてもうしばらく大浅沢沿いを行く。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16a2.jpg
大浅沢への枝沢を渡渉してすぐの尾根が
新道になる。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16a9.jpg
7時54分。新しいテープとトラロープ。
結構な急登だ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16ac.jpg
取り付きから、
大浅沢の上流方向を見れば真昼岳が
ちょうど真っ正面だ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16b1.jpg
落ち葉の堆積した登山道は滑りやすく、
そのうえ勾配が急なので神経を使う。
トラロープの張られた横の尾根をみると
しっかりとした踏み跡があって
むしろこちらのほうが、
周りの木を手掛かりに使えるので安全かもしれない。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16b9.jpg
取り付きから標高差180mほどは
ずっと急勾配だが、特にこの最初がきつい。
トラロープはあるのだが、
劣化したらとても危険なのでなるべくなら
脇の木を掴む。ただしこの斜面、
手掛かりになる木が疎らだ。

登山靴で登るには滑るし手掛かりは少ないしで
山慣れない人には厳しいと思う。
久々にわたしもかなり緊張して登った。

DSC03643.jpg
登山道脇には熊のクライミング跡。
なぜこの木に登ったんだろう。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16c8.jpg
急登らしく赤松の多い尾根だ。
松枯れがところどころに見られる。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d1.jpg
今年初のマンサク。
途中にはキブシもそろそろ咲きそうだった。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16cf.jpg
斜度はだいぶ緩んだが
ときどきこんな楽しい痩せ尾根になる。
標高が上がると徐々に雪が出てきた。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d4.jpg
密生したブナの木にクマのクライミング跡。
こんな細いブナにどうやって登ったんだろう。
どう考えてもチムニーで登ったとしか
思えない爪痕である。
クマの神ムーブ、見てみたい。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16db.jpg
標高400mを過ぎたあたりだろうか、
登山道は尾根すじにまっすぐだが
山腹を巻き道がある。

こんな巻き道はこの先にもあった。
この新登山道、わりと踏み込まれているようだし
昔は何かの作業道なんかで
使われていたのかもしれない。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16de.jpg
ブナが多くなってくる。
ブナは二次林のようで、さきほどの
巻き道や使い込まれた道といい、
古くから人が入っていたのだろう。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16ee.jpg
新登山道にはピンクテープが
随所に付けられている。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16f4.jpg
赤倉コースとの合流点となる尾根が
見えてきた。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16f7.jpg
赤倉コースのある尾根に乗る。
しばらくは緩斜面となる。
テープは付いているが
下り口が不安なら、この尾根との合流点に
目印をつけておくと積雪期は安心。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1701.jpg
ゆるい小ピークを過ぎると杉の木が出てくる。
杉の木の下で小休止。
そして天気は吹雪に。視界も悪いだろうし
ヤセツル越えは厳しいかなと
すでに山頂あきらめモードに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_170c.jpg
標高700mを過ぎると気温も低く
ブナには霧氷がついていた。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171b.jpg
霧氷に縁取られた森は
吹雪とガスで幻想的である。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171c.jpg
シュカブラ。

DSC03752.jpg
雪は固く締まっているが
ギリなんとかキックステップで
登って行けた。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1795.jpg
ヤセツル手前のピーク865。
視界悪し。天気が良ければ目の前には
真昼岳があるのだが。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_179b.jpg
ピークから雪庇に気をつけて
ヤセツルを覗く。が、ガスで閉ざされがち。

IMG_9198.jpg
ヤセツル通過は厳しいが
手前まで見に行こうとアイゼンを装着。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1751.jpg
ヤセツルの手前。
雪は締まっているので条件はいいのだが
吹雪とガスで視界が悪い。
天気も悪くなる一方なのでやっぱり
ここで引き返す。

しかも私はもう春だしと冬用ウエアじゃなく
レインウエアだ。
冬はレインウエアでもいいかもと
考えていたが、今日みたいに吹雪いて気温が下がると
生地はバリバリになるし何より寒いしで
あまり人には勧められないなと実感する。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1759.jpg
気温が高ければあの雪庇が怖いなあ。
ここで撤収する。
下山では、新登山道は随所にピンクテープが
付いているが、赤倉コースと合流すると
こうした目印は疎らになる。
このルート、のっぺりとした尾根なので迷いやすい。
ちゃんとコンパスをセットしてルートファインディングを。

IMG_9202.jpg
吹雪のなか、さきほど休んだ杉の木まで戻る。
ツエルトを張って、ランチタイムに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1766.jpg
この短時間で5センチ以上雪が積もった。
もちろん1時間前のトレースは
跡形もない。

IMG_9191.jpg
真冬のようだ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_177b.jpg
登りでは落ち葉の急斜面だったが
下山時には積雪で真っ白に。
急斜面の落ち葉の上に積もった雪で、とても
まともに下山できる状態ではない。
ロープを出してぐんぐん下りた。
トラロープもあるのだが、劣化したところへ
全体重かけている最中に、万が一切断したら、
この痩せ尾根の急斜面、相当な怪我を負うことになる。

どうしてもトラロープにすがるときは
そうしたリスクも勘定に入れないと怖い。
この登山道を使うときは
ロープを持つことをお勧めする。
7ミリ以上で20mほどをダブルで使うなら
さほど荷物にもならないかと思う。