山スキー

2/6ページ
  • 2013.03.19

2013年3月17日 念願の稲倉岳へ初登頂!

稲倉岳は、横手方面から鳥海山を見たときに その右肩に見ることができる。 なだらかに伸びる裾と、荒々しく削れた東壁という 対照的な表情を持ち合わせる。 鳥海山の隣に有るので目立たないが 標高は1554m。登山道がなく濃い薮に閉ざされて 登れる期間は積雪期、麓の薮 […]

  • 2013.03.18

2013年3月17日 念願叶って稲倉岳!(速報までに)

念願の稲倉岳についに登頂しました~!ばんざ~い! 稲倉岳はこれまで2度トライして2度撤退してきた頂。 1度目はブリザードで撤退。 2度目はルンゼからの登攀のお誘いに参加したものの、 雪が落ち着かず雪崩の危険性があったので撤退。 その他、2度ほどのチャンスは仕事 […]

  • 2013.02.23

2013年2月23日 平鹿町の金峰山へ山スキー

  神室山系の某所に山スキーを目論んでいたが みるみる大雪となってしまい、雪崩や雪庇が怖いので 予定変更。平鹿町の金峰山(標高450m)に向かった。 金峰山は国道13号線を横手方面から醍醐にかけてよく目立つ、 きれいな三角形のトンガリ山だ。 西に鳥海 […]

  • 2013.01.01

2013年1月1日 三ツ石山で滑り初め

元旦は三ツ石山へ矢留山岳会の会山行。 秋田県から岩手県へ抜けてみると、きれいな青空に 岩手山が白くくっきりと! しかし山頂の雲の流れは早く、かなり風は強そう。 我々が登る予定の三ツ石山方面は、写真の岩手山の左側方向。 こちらは雲の中。 網張りスキー場でリフト3 […]

  • 2012.12.30

2012年12月29日 男岳(後編)

前編はコチラ   男岳山頂をあとに、阿弥陀池へ下りて行く。 途中で男女岳とその奥に岩手山が並んで見える。 男女岳の下の雪原は、 夏ならば高山植物が咲き乱れる気持ちのいい広場だ。 東へ尾根伝いに下って行く。 尾根の延長には横岳があり、数人のスキーヤーの人影が小さ […]

2012年12月29日 男岳のフェロモンにふらふらと(前編)

秋田駒ヶ岳は、最高峰の男女(おなめ)岳、 男岳(おだけ)、女岳(めだけ)等の総称だ。 本日は標高1637mの男岳へ、通称「リフト尾根」から直登し、 阿弥陀池を横切って八合目小屋へ抜けるぐるっとコースで。 山スキーの足慣らしに、旧アッスルスキー場から八合目小屋ま […]

  • 2012.05.02

2012年4月29日 鳥海山へ北面から

矢留山岳会の橋T会長、S藤さん、佐Tさん、T岡で ゴールデンウィーク前半の29日、 鳥海山へ北面ルートで登って参りました。 祓川までの林道は例年にないくらいの積雪量で 雪の壁がそびえていました。 この日はフォレスタ鳥海からの道は まだ開通していませんでした。お […]

  • 2012.04.29

2012年4月29日 鳥海山北面、初登頂!

「29日、鳥海山行きませんか」 矢留山岳会の橋T会長からの 北面お誘いメールに 10秒で「行きます」と返信し、 このたび、念願の鳥海山北面ルートを楽しんで参りました! 祓川までの林道は、 今まで見たことがないくらいの雪壁。 しかもフォレスタ鳥海経由の林道は 除 […]

  • 2012.04.11

2012年4月8日 乳頭山

めまぐるしく変わる春の天気。 日曜はどうやら晴れるようだということで 乳頭山へ。 孫六温泉へ向かう途中の駐車スペースにクルマを停め、 4月だというのに、雪の積もった道を スキーを履いて出発。 8時45分、登山口。 今年は雪が多い。 いつもは渡れるかどうが不安な […]

1 2 6