太平山鬼子沢で沢納めっ

NO IMAGE

なめこいらっしゃい
「今日はマジモードだよ~」
登山口で長靴に足を入れかけていると、
ハンマーやらヌンチャクやら揃えながら、
楽しそうにT中さんが言う。

まじっすか!慌ててフェルトソールの沢靴にチェンジ。
本日は、T中さん、やまおやぢさんと私の低血圧トリオで
太平山鬼子沢で今年の沢納め。

「中級コースかな」と言われてて若干おののいていたが
「T中さんマジモード」で緊張してきた!

スタートの滝
一般ルートをてくてくとやってきてこの滝に出る。
こっから沢登りのスタート。

ムキダケ
おお! ムキタケだ!のっけから足取りが緩んでしまう。
本命のマイタケもイケルか??って
本日の本命は沢なんですけど。
と、しばらく進んでこじんまりとしたゴルジュ。

ゴルジュ
夏なら気持ちよく泳げる深さだが
今日は落ちたくない~と岩にしがみついてたが、
結局巻くことに。
巻くって言っても私にはまだまだ大変。
笹やら木の根っこやらにしがみついて登る。
フェルトソールが滑るんだ、これがまた。

丸太の滝
やがて、本日の私にとっては一番難儀した滝出現。
滝と滝壺の上に2本の倒木がある。
他に行けそうなルートもなく
この倒木を使うことになった。
フェルト靴はコレ、苦手。


最初、地下足袋のT中さんが登りきり、
ザイルで確保しながら登る。
なんとしても滑るし、下には滝壺が口を開けてるし、
とにかく倒木にしがみついてジリジリと登りきった。
ラストにおやぢさんが華麗に倒木を登ってきて無事クリア
・・・そして、きのこ。


やがて大きな滝が見えてきた。
歓声があがる。いよいよ核心部です!


・・・けど、きのこ。


山の神様が先へ進むのを拒んでる~なんて、
緩みきった顔で言われても。


ば~ん!
20mはあるよ~。
T中さん、おやぢさん、うれしそうだよ。
わたしもうれしいよ。滝の飛沫が細かく飛んでくるよ~。


トップはT中さん。
ひょいひょいと、軽やか。
私はトップロープ+おやぢ様のフォローという
いたれりつくせり状態で生岩を楽しむ。
室内クライミングと基本は同じなはずなんだけど
いざとなると、体が岩に密着状態。めちゃくちゃ。
けど楽しい。


登りきった滝を見下ろす。みてみて~20mの滝は初で、
うれしい。
そしてまたまた大きく出現。


さっきの滝も見事だったけど、今度もきれいな滝。
水が中程よりやや上で勢い良く跳ねていて、
さらにその下の段で
跳ねていて迫力がすごい。


またしてもT中さんトップで、ひょいひょいと進み、
私はトップロープで。
岩はしっかりしてて、無理だと思ってても
T中さんに言われて
手を伸ばせば気前いいガバがあり、登りやすい。
もう、気分はいっちょまえ。

つくづく、なんて楽しいんでしょ。
きのこも大収穫、
滝も大収穫、低血圧トリオ、ほくほくです。
そしてついに!きたよ、きたよ~!
どお~するの~。コレ。


こんな複雑な滝、もちろん、わたしは初めて。
しばらくT中さん、おやぢさん作戦タイム。
途中まで行けたとして、
その先がどうなっているのかここから見えない。

高巻きもできそうなんだけど「しょっぱそう」なんだそう。
「わ~キレイ~。すげ~」
お気楽すぎだよ、じぶん。
きっと彼らは突破できるとして、問題は私なんだよなあ。
とはいえ、本日の私はでっかいザックを見込まれて
きのこ担当。私ができる範囲の重要な役割を担ってます。


そして、このあとの展開を
きっと私は忘れない(T_T)

ひとまず
明日につづく、です。
本日のブログ体力、ここまで。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。