本当ならばとうの昔に、先週土曜日の幕張の

ファンタジーオンアイスにおける

生羽生レポを語りまくるところだ。

 

あるいは、本の出版がひと段落して

溜まりに溜まった読みたかった本を

手に取っているはずだった。

 

なにより新緑の山に

エゾハルゼミとツツドリの声を

一年ぶりに聴きにいくつもりだったが

本の出版がひと段落するかしないかのうちに

「あ、そうだ資格取ろう」と

脈絡なく思いついてしまったのだ私。

 

わたしの行動パターンとして

思いつき=行動。

思いつきと行動の間の=の部分に

躊躇という行間がないものか。

 

というわけで執筆作業中以上に

追い込まれた、余裕のない毎日だ。

なんてったって、資格取得を思いついて

調べたらなんと、6月に早くも試験がある。

待てない性分のわたしにとってこれは

渡りに舟だ。運命だ。申し込んだ。

 

ところがテキストが5冊もある。

範囲が広い。心が折れそうな一方で

次の試験は11月だ。そこまで待つのは

絶対イヤ。

もうなりふり構わず丸暗記。

悩む暇があったら丸暗記。

 

クライミングの誘いを断り

山行の誘いを断り

週末の高気圧の到来にも

目をつぶって丸暗記。

2週間たったら、今度こそ

本も読むし、クライミングも行くし

山も行きまくる!