ワカンの雪団子対策

ワカンの雪団子対策

今年の冬はいつになく気温が高く、従って雪の状態も湿気が多くなりワカンはこのありさまである。毎年ワカンを使用するが、ここまで雪団子まみれになる冬もはじめてだ。

雪団子がつくことで、とにかく足が重くなる。そして足が重みで上がりにくくなり、つまづいてバランスを崩しやすくもなる。とっても疲れる。これでは何か対策を取らねば。

わたしのワカンはエキスパートオブジャパンの定番のヤツ。軽いしコンパクトなので邪魔にならないこともあり、とくに雪が締まる残雪期の山行などでは、ツボ足とワカンの併用山行に重宝する。

今年などは雪も少なかったので、雪国の里山でも地面が露出していたりいなかったりで、例年と同じ装備にしたものかどうか悩ましかった。このようにルートの積雪状態がつかめないときなどは、ワカンならば荷物にもならないので保険としてザックにくくりつけて持っていけて良い。

よくよく見れば、だいぶ傷だらけ。
雪団子防止に、雪よせ用のスコップやスノーダンプにスプレーする雪団子防止剤を検討していたのだが、しかも店頭で1200円くらいのそれは、ワンシーズン一回のスプレーでオーケーと謳っているのだが。・・・だが、説明書きによれば、スプレーする他の部位にかからないようマスキングして云々などと書かれていて、なんだか面倒くさいので、ビニールテープを買ってきた。50円くらいという値段には驚いた。

ぐるぐると巻いたらそのシャア専用感よ。今度の日曜日、ワカンいきまーす!・・・それじゃアムロだし。

山道具カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。