パタゴニアのマイクロ・パフ・フーディのサイズ感

パタゴニアのマイクロ・パフ・フーディのサイズ感

さて雪山シーズンがやってくる。
今年は防寒着を新調しようとあれこれ
検討をしていた。

昨年、冬用のアウターを中綿なしの
ゴアテックス3レイヤーに買い換えたところ、
やっぱり冷える。
冷えるので、ユニクロのダウンジャケットを
下山時に着込んだのだが、
まあ、お察しのとおり
ムレてダウンがへたってしまい
保温性がそれこそダウン・・・。

ユニクロだしなあ。
山用のダウンならもう少しは耐えてくれるかもなと
今シーズンはバリっとしたやつ買おうと
考えていた。

で、買ったのがこれ。
ダウンジャケットの老舗メーカーであり
定番メーカーのパタゴニア。

だが、買ったのはダウンじゃないんだな。
化繊なんだなこれが。
マイクロパフ。パタゴニアが
長年かけて開発してきた、ダウンと
化繊のいいとこ取り技術の結晶。

これなら、濡れても平気。
しかも洗濯も簡単。
なのに暖かいし、227gと軽い!

で、悩ましいのがサイズだ。
ここでは、サイズを決めた経緯を
情報共有したいと思う。

パタゴニアのウエブサイトでは
このサイズについてはかなり親切に
アドバイスをくれる。

身長、体重、胸囲などのサイズを打ち込めば
最適なサイズがわかる様になっている。
だが、こと冬用は
中に着込む衣類や、上に着る衣類、
あるいはアウターの上からとりあえず
羽織りたいなどなど
シチュエーションが多くなる。
なので一概に体のサイズだけでは
決めかねるのが、この類の衣類のサイズなのだ。

パタゴニアのHPで検討した結果、サイズは
Sサイズが良いでしょう、とのことだったので
Sサイズをネットで注文。

わたしは身長163センチ、体重51kgで
太ってはいないが、さほど痩せてもいない。
衣類の好みとしては、シュッとしたシルエット。

で、Sサイズが届いたので試着してみると
結構、だぶだぶ。
肩もぶかぶか。袖も長すぎる。
冬用アウターを上から着てみると
ぶかぶかなサイズが邪魔でしょうがない。

ということでXSサイズに交換した。
届いたのでさっそく着てみる。

肩から袖の断裁パターンのおかげか
すごく脱ぎ着がしやすい。
最近、右肩が痛くてスーツのジャケットに
袖を通すのが辛いのだが、このマイクロパフ、
すんなりとノンストレスで袖が通るぞ。

じゃん。
袖もちょうど。
肩幅もジャストサイズ!
Sサイズのときとちがって
シュッと感あり。

後ろはこんな。
パツッと感もなく、ちょうどいい感じ。

フードも大きすぎず小さすぎず。

先ほどの写真は、アンダーシャツと
Tシャツに着用したものだが、
さらに一枚、フリースをインして着てみる。

きつくなく、ストレスなくファスナーも
閉められる。

さらにマイクロパフの上からアウターを着てみる。
ジャストフィットのマイクロパフなので
上にアウターを着ても余裕。
ちなみにアウターはウィメンズサイズでM。

この逆、アウターの上に
マイクロパフも着ることができた。

あとは実際の雪山で試すのみ。
見た感じ、触った感じはダウンと
さほど変わらない。

化繊なので縫い目から羽毛が
飛び出てくることもない。

山道具カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。