2014年4月13日 山のカメラにリコーGR追加

NO IMAGE

リコーのGR-?。ずっと欲しいなあと思っていたコンデジ。
ふらふら~っとヤフオクで落札してしもた。
28ミリの単焦点。
画質の良さに定評がある名機。
こちら山の相棒。バリバリの防水、その名もミュータフ。
悪天候、沢登り、雪山どんなコンディションでも
ストレスなくさっと取り出せるタフ設計は
ホレボレしてしまう。
使い込んでます。
で、何故またコンデジを?なのですが
ミュータフさんの最新版はどうなのか分かりませんが
接写や、操作の遅さにややストレスが否めず、
時には撮影を諦めることもしばしば。
接写については、コントラストが乏しい場合や
細い被写体だと、なかなかピントが合わない。
また、マクロへの切り替えや露出補正の動作がやや遅い。
そんなワケで、さくさくピントがあって
サクサク動くコンデジが欲しかったのだ。
で、リコーのGRの存在を知った。
最初は天の戸さんのブログの写真がとてもキレイで
何のカメラだろうと思ったら、SONYのコンデジだったので
これを狙っていたのだ。
が、いろいろ調べるうちにたどりついたリコー。
事務機器のイメージが強いので、どんなんだかと半信半疑だったのだが
あまりに惚れ込んでいる人が多いので気になりはじめた次第。
28ミリの単焦点。
ズームレンズが多いコンデジで、単焦点に割り切ったのは素晴らしい。
単焦点だと、レンズが明るくなり画質が良くなるのだそうだ。
そして、背景がボケる味のある写真が撮れるのも
単焦点ならではとのこと。
オークションの出品者さん、高そうな皮のカバーも付けてくれた。
使い込んだ感じが渋くてうれしい。
さっそくその明るいレンズを試すと
感動するほど、撮影にストレスがない。
しかも悩みの種だったマクロ撮影でのピント合わせも
すごくスムーズ。ストレスフリー。
起動も早い。
操作もしやすいと思う。
これは良い買物をした。
ちなみにバッテリーはシグマのBP-41が使えるようだ。
価格も純正の半額とのこと。さっそく注文。

山ガールのカメラ選びカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。