流石にこの夏は、
週末ガイドとはいえ毎週山歩きで
登山靴のソールがだいぶくたびれてきた。
というか、いつソールが剥がれても
おかしくないような状況だ。

そんなためにと、

こちらのLOWAのソール張り替えを
したのだったが、
この日曜日に秋田駒へ試運転で履いたところ
数年ぶりに履いたらすっかり
足に合わなくなっていた。

あんなに履き心地ラク!と
思っていた一足だったのだが、
ここ数年をAKUそれも世界共通木型の
細身のモデルを履いていたせいか
なんだか、日本人向け木型の
このLOWAがぶっかぶか。

八合目から阿弥陀池、男岳を
登っただけだったが
とっても足が不安定だった。

たぶん、一番の違いが
ソールの硬さだろう。
AKUは長期縦走向けの硬いソール。
かたやLOWAはトレッキング向けで
ソールは柔らかめ。

これが、久々に履いてみるとなんだか
馴染めず足が不安で仕方ない。

おりしも来月は10月1日、消費税も
増税だ。買っといたほうがいいなと
ICIスポーツへ駆け込んだ。

今度はAKUじゃなくてスカルパとか
いっそLOWAとか試したいなと
心に決めていたのに
1時間以上もあれこれ試して結局
またもやAKU。

AKUのYATSUMINE。
あれこれ試したが、感動的に
足にフィットしたのがAKUだった。

スポルティーバはかっこよかったが
足の甲に圧迫感があり合わず、
スカルパは踵が浮いてしまって
合わず、LOWAは財布の事情で合わず。

しぶしぶといつものAKUを
試したら、うほ。

ときめくほどに足にぴったりで、
このまま王子様がどこからか現れて
じぶんかっさらわれてもアリかもよと
思っちゃうほどに足にぴったり。

ちょうど昨年モデルがあったので
安く購入できたのもまたラッキー。
運命か。

店員のお兄さんに見せたら
つま先がだいぶ縮んでてだいぶ
履きましたね。
新しいものはあのつま先の角度が
もっと立っているものだという。
キックステップに耐えた結果か。

しかもこのやばめの減り方。
どうりで岩場で滑るわけだ。

新品と比較すれば一目瞭然。
おお、減った減った磨り減った。

シンデレラフィットのAKU。
それでもスポルティーバとしつこく
履き試したが最後の決め手となったのは
ソールがしっかりしているのに
足裏の感覚がとってもソフト。
3層構造だかそんな仕組みなのらしい。
足裏感覚、硬いと疲れるんだよな。

同じ作りでナイロン製の、
やや軽いモデルTENGUもあったが
わたしはこちらの皮の方YATUMINEを。
トラバースなど、足場の不安定な場所を
通過するときに
やっぱり皮のほうが、がっちりと
足を固めてくれるようだ。

トラバースの歩きにくさを
フォローしてくれるならもう
多少の重量差も価格差も迷わないわ。

何度履いてもなにこのフィット感。
履き心地に良さ。