久々にバックパックを新調した。
ミレーの看板商品、サースフェー
35リットルで嬉しいことに女性モデルだ。
色はゴールド。つまり黄色。
ガイドするとき、お客さんと色被りがないほうが
お客さん的には目印になって
何かと都合がいいだろうと思ったので、
あまり人気のなさそうな色にした。

ずっと使っていたのが
モンベルのゼロポイント40リットル。
山を始めた頃に何にも考えずに
特売で買ったヤツ。

とはいえ20年近い付き合いとなったが
ガイド業でちょうどいいサイズが
35リットルぐらい。
大は小を兼ねないのだ。
なんだかパッキングが決まらないので
買い替えに踏み切った次第。。。

35リットルに入れる荷物はこんなところ。
8ミリ30mロープとカラビナ、スリング、
救急セット、ツェルト2〜3人用、雨具一式
防寒具、飲料、ポールなど。

結構、重宝する機能がコレ。
ウエストベルトにあるポーチだが、、、

じゃーん。二倍の大きさに拡張できる。
これで地形図もすっぽり!
コクヨの野外手帳も余裕で入る。

あまり使いそうにないが
ショルダーにはこれ、、、

ケータイが入る袋がある。
が、わたしのスマホは入らなかったので
何か別の用途に使えそう。

もちろん、ハイドレーションシステム対応。
別売で、サロモンの1.5リットルを買った。
ガイド業務中はこれとっても便利。

女性モデルはSサイズの表示となっている。
このサイズのみ。
わたしは身長163センチ。
ちょうどいい感じだ。
たぶん、もう少し身長が低い人でも
フィット感はいいと思う。

体に合ったサイズというのは実に快適。
いつもの同じ荷物が、背負った時に
重さがあまり気にならない。

このザックの一番のウリは、
背中面の体に密着する部分に
フィルターフォームというクッション材を
使うことで、さらっとしたドライな
状態を保つうえ、体への負荷も
軽減するのだそうだ。

なるほど。
総重量は1450g。軽いのもうれしい。
黄色も不人気だろうと買ったものの
かわいい黄色っぷりで
とっても気に入ってしまった。

老舗ブランドのサースフェー。
バランスがいいモデルなんじゃないかな。