パタゴニア・マイクロパフを収納する。

パタゴニア・マイクロパフを収納する。

買ったばっかりのパタゴニアの
マイクロ・パフ・フーディ

もっと寒くなったらなと、
先週の金峰山ではユニクロダウンを
連れて行ったので、こいつはお留守番だった。

マイクロパフを連れて行くのを躊躇った理由は
コンパクトに収納できるという、
その「収納方法」を試していなかったので
なんだかもっていくのが
面倒だったのだ。

パタゴニアのウエブサイトを見ても
ポケット部分にコンパクトに畳めば
ほら!こんなにコンパクトになりますよと
モデルがドヤ顔するわりには
その収納の過程が動画ではカットされている。

それほどカンタンなことなのか?
やってみた。

ポケットに折りたたんで収納する利点は
収納袋をなくさないで済むということだ。
そりゃすごい。
収納ポケットは左側になっている。

左側のポケット側にだけ
このループ、
カラビナなんかに引っ掛けられるようにと
まごころ設計が施されている。

収納方法は、そっときれいに
畳んでできないか思案してみた。
だって高かったんだぜこれ。じゃけんに扱う勇気がない。

だが結局、ダウンのシュラフでそうするように
マイクロパフもまた、ぎゅうぎゅうと
片っ端から押し込むしかなかった。

ポケットは長方形なので
なるべくその長方形に沿うように押し込んでいく。
破けたらどうしようと押し込む力を
加減したくもなるが、その弱気なわたしを
パタゴニアは修理体制万全ですから!と、
ウエブサイトで公約しているその謳い文句が
勇気付けてくれた。

そしてたぶん、
収納シーンを公開しなかったのは
ぎゅうぎゅうに押し込む姿があまり
絵にならないというか今風に言えば
映えないからなのだろう。

押し込んだ!
ファスナー、噛まないか慎重になった!

うん。コンパクト!
取り出してもマイクロパフが
ヘタることもない。

ただな、入れるのも取り出すのも
すぱん!と素早くいかない問題。

やっぱそこはレインウエアと同じ。
大きめの袋を用意する。

スパん!と取り出してさっと羽織れるように
ファスナーは開けっぱ原則。

収納スパっ!

収納はやい!
取り出すのもはやい!
山歩き、速さは正義。

山道具カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。