2018年10月6日 紅葉終盤の栗駒山へ駆け込み紅葉狩り

2018年10月6日 紅葉終盤の栗駒山へ駆け込み紅葉狩り

DSC01994.jpg
先月は週末ほとんど出社。
つまり山にはキノコの様子をみるために
雄長子内岳に行っただけ。
ひさびさに1000m以上の高みに
立ちたくなり、身近なところで
栗駒山で手を打った。

DSC01997.jpg
8時55分ごろ、須川温泉を出発。
そういえば3連休初日。
しかも明日は台風、
そして紅葉のラストチャンスという
駆け込み紅葉狩りニーズへの供給源として
栗駒山はたいへんな賑わいだ。

DSC01999.jpg
いつも使っている須川温泉から
名残が原までのルートが通行止になっていた。
なんでだろうと、いってみたら
木道がずたずたでちょっと危ない様子。

DSC02003.jpg
紅葉は1000~1200mあたりが真っ盛り。

DSC02009.jpg
9時6分、名残ケ原。
職場で栗駒山の紅葉が見頃だろうと
誰かが話していたのへ
もう終わっただろうとつっこんだが
山登りしない人にとっては
このあたりが「栗駒山の紅葉」だ。
うん、見頃だ。

DSC02011.jpg
ここから登山道に。
道はところどころ、こんな感じで水たまり。

DSC02012.jpg
きのこはあまりない。

DSC02017.jpg
産沼コースとの分岐。
あっちへ行こうか迷ったが
須川コースが久しぶりだったのでこのまま先を行く。

DSC02021.jpg
途中にある唯一の水場。
産沼コースとの分岐付近にある。
水はちょろちょろだ。

DSC02024.jpg
山頂方面が見えて来た。

DSC02030.jpg
9時30分、ゼッタ沢を渡渉。
以前はもっと立派な橋だったが、
さすがにこの急な沢では持たないのだろう。
もっとも、きょうは石伝いでも渡ることができた。

DSC02031.jpg
あとひと登りで昭和湖。
紅葉めあての登山者で渋滞。

DSC02032.jpg
これは硫黄のある場所に生えるコケ。
ハナゴケ科のイオウゴケ。
ここぞとばかりに群生していた。

DSC02044.jpg
昭和湖手前の池塘。
ここまでくるとさすがに紅葉はくたびれた色調に。

DSC02054.jpg
9時48分、昭和湖。
名前の通り昭和19年だかにできた湖。
高濃度の硫化水素が発生するので近づかないように。

DSC02055.jpg
ここから県境分岐の稜線まで250mほどの登りとなる。
このコース一番の傾斜だろうか。
全体的にはなだらかな部類のコース。

DSC02057.jpg
少し登って昭和湖を見下ろす。
トイレ小屋も。

DSC02066.jpg
10時26分、主稜線が見えて来た。
草原が広がる。

DSC02070.jpg
10時37分、県境分岐。
宮城側には雲海が広がっていた。

DSC02076.jpg
東へ進路をとり山頂へ。

DSC02082.jpg
今日のビタミン。コケモモ。

DSC02087.jpg
天狗岩は絶好の
撮影ポイントになっていて賑わう。

DSC02089.jpg
振り返ると鳥海山。
手前の広い稜線には秣への縦走路。
紅葉最盛期にはここ一面が錦の絨毯になる。

奥には虎毛山~須金岳の稜線と
その奥に神室連峰。小又山が目立つ。
さらに奥は月山か。

DSC02090.jpg
龍泉ケ原の草紅葉も見える。

DSC02108.jpg
宮城側の紅葉。

DSC02113.jpg
緩やかな稜線を山頂へ。

DSC02119.jpg
11時7分、山頂だ。
たいそうな賑わいで・・・・

DSC02120.jpg
こちらは宮城側からのコース。

DSC02124.jpg
栗駒山の山頂は広いのだが
あまりに人が多すぎて、30秒ほどで退散。

DSC02139.jpg
渋滞を避けて秣岳縦走コースに入り
展望岩頭へ逃げ込んだ。
昔はこの縦走路の入口だけ、故意にか
知らないが藪が刈り払われず
知るひとぞ知るコースで木道すらなかった。
今は入口も刈り払われ、
この展望岩頭まで足を伸ばす人も増えた。

DSC02143.jpg
どこも人がいたので、
崩壊地をやや降った岩の上で一息。
そばの岩に小さいシダ類があり
どうみてもオサバグサっぽいが、どうだろう。

DSC02148.jpg
あまりの人の多さに食欲が失せ
コーヒーとサンドイッチでお昼に。
のんびり過ごして今日はこれで下山する。

DSC02163.jpg
宮城側の雲海が稜線を越えて
岩手県側に回って来た。

DSC02167.jpg
昭和湖から先にも雲海が広がり始める。


13時40分ごろ下山し、
しばらくすると先ほどの雲海は
ガスとなって、登山口駐車場を覆う。
ガスの中はひんやりとして気持ちいい。


台風前のフェーン現象で暑い日だった。
秋のつもりで飲み物を少ししか持って行かず
水分不足。
さっそくキンと冷えたノンアルで水分補給。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。