この木なんの木。
というよりはこの芽なんの芽?

簡単ですね。こちら峰走り真っ最中の
ブナの木の芽。ここまで育つのは
確率的には奇跡に近い。

さらには足が二本生えて
リアルに峰走りしそうになるまでに育つのは
奇跡も奇跡。

それではこちらは何の芽でしょ?
先日の須金岳の登山道に
たくさん発芽していて嫌でも目についたし
避けるのが大変だった。

少し成長した様子。
双葉の間からさらに葉。

もうすこし成長したところ。

これを見つけて、ようやく何の
芽がわかった。この特徴的な
羽つきのタネはカエデの類の植物だ。
発芽を見たのははじめて。

あの発芽した芽が無事に育てば
来年はこのように、素性が明確に
なってくる。