2020年10月4〜5日 野口健さんの講演会&パネルディスカッション

2020年10月4〜5日 野口健さんの講演会&パネルディスカッション

数週間前、秋田放送の方から
秋田鳥海山麓矢島活性化推進協議会主催の
イベントで、パネルディスカッションに
出てみないかとのオファーをいただいた。

何をすればいいのかはともかく
歌ったり踊ったり以外ならとお受けした。
それが、これ。

世界のアルピニスト野口健さんの
講演会とトークイベント。
野口健さんといえば世界最年少で
7大陸最高峰を登ったアルピニストであり
最近は富士山の清掃登山や
日本兵遺骨収集、ヒマラヤの子供たちの学校教育
そしてご本人が自虐的に語ってましたが
SNS炎上常連などなど、話題に事欠かない。

今回の野口さん来秋の主旨は、鳥海山矢島口にも
山頂まで行かなくとも鳥海山の自然に
親しむことができるような
ゆるめのハイキングコースの整備。

鳥海山にはいくつかの登山コースがある。
なかでもメジャーな鉾立コースは
山頂まで行かなくとも
鳥海湖というハイライトがあるので
そこをゴールにのんびりとハイキングが
できて初心者にもハードルが低い。

かたや、矢島口は、山頂をひたすら目指すような
鬼の直登コース。その途中に鳥海湖のような、
手頃なゴール感のあるポイントがない。

鬼ルートのイメージばかりの矢島口にも
のんびり散策できるコースを
整備して、お客さんに来てもらいたい
という地元の方の思いがある。

そこで野口さんにアドバイスなど
いただきながら、祓川周辺の散策路を
今後、整備していこうというもの。

4日、土曜日はその視察だった。
わたしは神室山のガイドが入っていたのだが
稜線の強風が予想されたため
急遽中止となったため
こちらの視察チームに合流することに。

候補に挙げられたコースはすでに
道はあるのだが、
これといって案内板もなく
おそらく訪れる人もまれ。

わたしも初コースだ。

神室の稜線の風ほどでもないが
祓川も予報では風速10〜12。
行動できる範囲ではあるが、
風、強っ!て思うくらいには吹いている。

明日のパネリスト、トークショーに
参加する松本さんが
コースをご案内。

14時、祓川集合だったが、
野口健さん、みずから車を運転して登場。
本を何冊か読んでいたので
なんとなくその人柄は予想していたが
予想以上にフレンドリーでサービス精神旺盛。

強風だったが、きっと野口さんには
そよ風だろうとスタッフと話していたが
ご本人は空気が甘い、風、いいねとうれしそう。
ゴミもない!と感激してらっしゃる。
そして週末だというのに
人が少なくていいと絶賛。

まあ、これからその「人」を
呼び込むための対策を検討するわけ
ではありますが。
人が少ない山域にテンションあがるあたり
世界的な登山家も同じ山屋なんだなと。

さて翌日は講演会。
そのあと、パネルディスカッションで
わたしはコーディネーターという役目。
つまり、ディスカッションの
司会進行なのだそうだ。

初めてのお役目ではあるが
会社の会議の議事進行みたいなものかと
引き受けた。

時間は30分で
野口さん、松本さん、市議会議員の小野さんの
お三方のお話を仕切らせていただく。

事前に台本を渡され
タイムスケジュールもくれぐれもと
言われたが、まあ3人の意見を30分って
なかなか難しい。

ときおり想定通り
台本から逸れた話題へ流れ
ヒヤヒヤしたものの
あっというまの30分、よい体験ができた。

野口健さんが飛行機の時間があるので
スタッフはだいぶ時間を気にしていたが
野口さんはぎりぎりまで
協議会の方々やわたしたちと談笑。

集合写真も撮ったりしたが
肖像権などあるだろうから公に
アップは控えときます(^^)

来たとき同様
またさっそうと自らワンボックスを
運転し、帰っていく野口さんを
みんなで見送って楽しい二日間終了でした。

今回改めて野口健さんの著書を3冊
読み返したのですが
面白すぎてさくさく読めます!

山登りの方も、子育てに悩む方にも
もちろんエベレストを目指す方にも
ちょっと挫折中な方にも、背中を押してくれる
一冊かも。

野口健 落ちこぼれてエベレスト

野口健 確かに生きる 落ちこぼれたら這い上がればいい

そしておそらくそのあと、
読みたくなるのが、
植村直己 青春を山に賭けて

ぜひどうぞ〜。

登山ガイドのお仕事カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。