2018年8月12日 鳥海山へ湯ノ台コースから:とりあえずサクッとコース状況。

2018年8月12日 鳥海山へ湯ノ台コースから:とりあえずサクッとコース状況。

DSC01494.jpg
矢留山岳会の3人で涼しいところへと
鳥海山へ行ってきた。初の湯の台コースから。
遠いかと思ったら、秋田県南からだと
新庄~酒田周りで2時間で行けた。意外。

濃密な報告は後でするとして
まずはサクッとコース状況などご報告。

コースは全体にゴロゴロの
岩場歩きが続くので
バランス取りに神経を遣うかも。

見晴らしは素晴らしくて山腹の草原や雪渓、
酒田港からの海岸線が清々しい。
コースタイムは、速報までに
06:50:下の駐車場出発
07:00:上の駐車場到着
07:13:出発
07:28:滝の小屋
08:40:河原小屋
11:07:伏拝岳
12:00:七高山
16:00:登山口下山


駐車場は6時10分の段階で上の駐車場は満車。
路駐の帯が伸び始めている。
大きな車だと方向転換が厳しい。
駐車場にテントが張られていて若干イラっとなる。


標高差50mほど下がった下の駐車場。
ガラガラなのでわたしはここに駐車。
10分ほど余分に歩くことになるが、
まあ、いろいろと安心だ。

DSC01381.jpg
トイレ事情はこのコース、登山口と
滝の小屋、河原小屋ときれいな水洗トイレが
完備されている。和式。ペーパーもあり。
森林限界超えの登山コースでこれは
ありがたいわ~。

注)河原小屋は老朽化で使用不可。
トイレのみ使用できます。
トイレ維持の協賛金箱が設置されてある。
あいにくそうとは知らず
財布を持ってなかったので、
気持ちばかり掃除の協力をしとく。

DSC01543.jpg
水事情だが、
このコースが鳥海山ポピュラーコース中、
一番、水に恵まれてるのかと思うほど水が豊富だった。

滝の小屋脇に沢があり、
河原小屋からしばらくは沢水が冷たくておいしい。

DSC01536.jpg
花は雪渓付近では
チングルマ、イワカガミ、イワイチョウ、ヒナザクラ。
ヨツバシオガマは終盤。
ニッコウキスゲは登山口までの道路沿いが多く、
あとは河原小屋付近にちらほらと若干。

ウサギギク、シロバナトウチソウ、
ハクサンボウフウ、ハクサンシャジン、
ハクサンフウロ、アオノツガザクラ、
ミヤマリンドウなどなど。
アザミ坂ではアザミがたくさん。

外輪山ではチョウカイフスマ、
イワブクロ、イワギキョウなどなど。
チョウカイアザミも。

IMG_7034.JPG
帰り道、麓の道路でのそのそと
ツキノワグマの大きな成獣が。デカかった。
あとから聞くに、麓から外輪山までで
よく出没というか目撃される個体じゃないかと。

好奇心が強いのだろう、
すぐに逃げるかと思いきや、
道路の真ん中に立ち止まって、
長いことこちらのインプレッサを眺めていた。

車の強みでもっと近づこうかと思ったが
車を引っかかれたら嫌なので立ち去るまで眺めていた。

この個体の好奇心が
不幸な事故を起こさないことを祈る。
遭遇しないよう人間側が気をつけてあげるしかない。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。