初冬の定番メニューは金峰山でお抹茶ツアー

初冬の定番メニューは金峰山でお抹茶ツアー

ふるさとの山、金峰山は標高450m。
平鹿平野からよく目立つ三角形の里山。
ブナの新緑の林床にユキツバキが艶やかな
春のツアーも素晴らしいが、
落葉した初冬もまたいい。

ということでこの山、
真夏を除く3シーズン、
わたしのガイドメニューの定番エリア。

今週もゆっぷるさんにいつも
ご協力いただきながら
晩秋ガイドの第一回目行ってまいりました。

今年も登山道脇には
どっさりとお土産が!

ナメタケ、買い物袋5袋ぐらいは
採ったかも。
ぷりぷりの天然ものです。

進むほどにきのこで重くなる行程の
最後にはこのコース一番の急登が。
きのこはザックに仕舞って、
滑り落ちそうな急登を、ところによっては
這うようにして登っていきます。

山頂直下の登りは
下界から見た山容そのまんまの
三角形です。写真の印象より
だいぶ急登です。

登り切ると落葉したこずえから
遠くの山々と麓の田園風景。
お天気にも恵まれて
風もなくあたたかな山頂で
ゆっくりとランチ。
そのあとは、お抹茶タイム。

本日のお菓子は
岩谷堂の黒蜜入羊羹。
お茶は
小山園の小倉山。

がんばった体に
お抹茶の甘味とほろ苦さが
心地よく、まるで
日だまりの温もりのように
じんわりと体に染み渡る美味しさ。

これは山登りしたあとならではの
特別な美味しさ。
お茶会などのどんな高級なお抹茶よりも
やっぱり山でいただくお抹茶には
敵いません。

表参道を登って、
下山は裏参道へ。
この界隈はツクバネが多いので
途中、実を飛ばして遊びながら
短い冬の午後をちょっと童心に帰って
楽しみました(^^)

ご参加くださり
ありがとうございます!

登山ガイドのお仕事カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。