乳頭山でプチ凍傷

NO IMAGE


乳頭か森吉に行こうかなあと天気図とにらめっこしてたところへ
チームやまおやぢ様より声がかかり
本日は孫六温泉から乳頭山へ山スキー。
弟子ちゃんとは山行は桃洞の滝以来。
本荘山の会の鉄人K玉さんとははじめまして。
写真は孫六からの最初の難関。。。
新雪が滑って滑って、とにかく難儀。


今日は荒れるよ、と覚悟してましたが、
午前、みるみる晴天に。晴れ女と言われるものの
今日みたいな天気図の日に晴れたら、
私、もはや妖怪ぢゃん・・・。


ばっふばふな新雪を田代平の稜線までは、
ブッシュとトドマツ(だっけ?)の
樹林帯をひたすらラッセル。
鉄人チームだけあって、はえ~。

ラッセル免除でひたすら着いて行きました。
鉄人K玉さん、あなた、確か、足を負傷していたのでは?
2時間ちょっとで田代平に飛び出た。
残念ながら展望はないものの
モンスターにぐるりと取り囲まれて
歓声がつきない御一行。


ほどなくして小屋。3月に来たときよりまだまだ雪が
少なくて、一階からお邪魔。ここで大休止。
マイナス10度より下くらい。いつものことながら
手足が冷たい私。みんなそうかと思いきや、私だけのよう。
冷え性を実感。ブーツの中敷きのアドバイスを貰いました。


さて、山頂へはもうもう、吹雪きまして。
ええ、念願の吹雪。サングラスが凍って前がみえないし
冬山で厳しい体験がないものだから
目出帽もなしで登ってしまった。
それでも山頂にタイムリミットの14時に登頂。
すごいよ。みんな。もちろん山頂は独占。他に入山者はなし。


「撤退~!」ええ、ほんとその通りですわ。
風がすごいの。はじめて。まだまだだと言うが
うかうかしてたら、飛ばされてしまいそう。
山頂から少し下りた所でシールをはずして、滑降。
これが、また、吹雪くし、サングラスが凍って前が見えないしで
滑るというよりはひたすら「退散」。


下るにしたがい天気は回復。
とってもすてきな夕暮れどきとなりました。
ぱっふぱふの樹林帯をおやぢ様、当然暴走。
だれも止められない。私と弟子ちゃんは自分の
スキーで手一杯。けど、いいなあ。私も
ほーほー言いながら滑りたいものだわ。


さて、本日は初の猛吹雪。とっても勉強になりましたよ。
なんてったって、プチ凍傷。
今、パソのキーボード、旨く打てずに四苦八苦。
本当はこの今回の大収穫を書きたかったのだが、
打つのが難儀なので、また明日~。
まずはやまおやぢ様、いろいろありがとうございました。

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。