週末山登り

こんにちは!あなたは人目の山ヤさん?

雪山教室企画のご案内

オリジナルガイド企画のご案内

最近行った山

葛根田川松沢

08/2 沢から栗木ケ原

鳥海山

07/26 鳥海山御浜

和賀岳

07/17 和賀岳

ヒバクラ岳

06/16 ヒバクラ岳

神室山

05/31 神室山

真昼岳

05/16 真昼岳

男亀森

04/13 男亀森

乳頭山

02/23 乳頭山

南郷岳

02/27 南郷岳

石黒山

01/27 石黒山

乳頭山

12/29 乳頭界隈

太平山前岳

12/23 太平山前岳

金峰山

12/21 金峰山ぐるっと

月山

10/18 桃洞滝

月山

10/17 甑山

月山

9/22 秋田駒

月山

8/18 月山

八幡平

8/3 八幡平

息抜き花図鑑「ヤマジノホトトギス」
→バックナンバー

ユリ科。秋田では8月中旬から9月に、山野の日当りの良くない樹林下に咲く多年草。黄色バージョンの タマガワホトトギスは沢登りや薮こぎ中など、比較的山奥で見かけるがこちらは里山に生えている場合が多い。形はすばらしくハデではあるが、さながらヒョウ柄を連想させるタマガワの、黄色地にホトトギス柄に比べると、ヤマジのほうは白地にシックなえんじ色のホトトギス柄でやや大人なイメージ。

息抜き花図鑑「ウメバチソウ」
→バックナンバー

ユキノシタ科。5枚の花びらと5本の雄しべ。この雄しべははじめ折り畳まれていて、一日に一本ずつ立ち上がる。その雄しべの間には線状の仮雄しべがある。見た目が分かりやすく、ウメバチソウの判別などチョロいなと思っていたが、案外ややこしい花であった。というのもウメバチソウには、良く似たエゾウメバチソウとコウメバチソウがあり、その見分け方は仮雄しべが何本に分裂しているかによる。ウメバチソウは約16〜22、エゾは9〜14、コウメは7~8つに分裂するのだそうだ。なんと、これでは登山道脇で安易に物知り顔などできそうにない。ルーペか何かで仮雄しべを数えてはじめて「これはウメバチソウ」と講釈を垂れることができるのだ。

トップページへ
花図鑑

山行記録インデックス

太平山

秋田県 北部

秋田県 中央部

秋田県 南部

岩手県

山形県

宮城県

青森県

東北以外

ゆる山

沢登り

登山ガイド検定ってどんな感じ?とか、取得したらどうやって開業した?とか気になる方は、コチラでどうぞ。

FB「いいね!」よろしくお願いします

▼山の一歩はこちら▼

女の山登り入門

会員募集中!20代、30代、40代の方、ぜひ!

この花はなんでしょう?

クリックで答えに飛ぶよ!

この花はなんでしょう?

クリックで答えに飛ぶよ!

この花はなんでしょう?

クリックで答えに飛ぶよ!