2012年12月29日 男岳のフェロモンにふらふらと(前編)

2012年12月29日 男岳のフェロモンにふらふらと(前編)

秋田駒ヶ岳は、最高峰の男女(おなめ)岳、
男岳(おだけ)、女岳(めだけ)等の総称だ。
本日は標高1637mの男岳へ、通称「リフト尾根」から直登し、
阿弥陀池を横切って八合目小屋へ抜けるぐるっとコースで。

山スキーの足慣らしに、旧アッスルスキー場から八合目小屋までの
つもりだったのだ。
しかし、朝からこの天気!
男岳がばんばんフェロモンを放っている。
雪はキュッキュッと誘っている。
ピッケル持って来てないけどアイゼンならあるし!
ということで、男岳フェロモンの虜となって予定変更。
田沢湖スキー場のカモシカコースのリフトから
銀嶺第三リフトを乗り継いで、
ゲレンデの終点に降り立った。ここで標高1,186m。
リフト券は3枚必要で合計1,200円。
銀嶺第三リフトは午前9時30分から動く。
かもしかリフトはもうちょい早くから。
春山シーズンにはもっと早朝から動くので要チェックだ。

10時20分、スキーにシールを貼って出発。
リフトを下りたら、南側の尾根に上がってこの尾根伝いに登る。
ちょうど木立がある場所だ。
スキー場で確認したところ、本日登山者はいない模様。
先行トレースはバックカントリースキーヤーのようだ。

40分ほど登って行くと
斜度が増し、ところどころアイスバーンも出てきて
スキーでの登りは徐々に厳しくなってくる。
11時すぎ、斜度が緩んだ場所でアイゼン装着。
スキーはザックにくくり付ける。

それにしても、この天気。
天気が崩れる前日ならではの晴天だ。
しかも風もない。

昨日、一人登ったとのことで、途中までトレースがあった。
ありがたくラッセルを使わせてもらっていたのだが
山頂まで行かなかったのかここから先は
兎のトレースがあるばかり。

ひざ下くらいの積雪。
ところにより、ひざ上となる。
荷物は重いし、お腹も空いたしで数歩登っては休む。
振り返ると、だいぶ登って来た達成感が
高度感とともに味わえる。

山頂が近づく。
蒼く澄み切った冬空に、男岳の険しい頂は
ため息が出る程に美しい。
やっぱフェロモン放ってる。

南側には和賀岳群団こと真昼山塊の面々。
こちらも山フェロモンの濃い方々です。
男岳山頂直下の南側にある崩壊地には
大規模なシュカブラが出来ていて、とても迫力がある。
本日、もうちょっと登ってからと思っているうちに
撮り損ねてしまった。
気になる方は見に行ってみてください。。。

山頂近くなると雪はガリガリで、
アイゼンなしには厳しいところだ。
スキー場の人の話では数日前はかなり雪が降り、
その後晴れて気温が緩み、昨夜さらっと雪が降ったとのこと。
ここまで来ると、昨夜の雪などは風に飛ばされてしまったようで
固く締まったガリガリ雪面とシュカブラが
山肌を覆っている。
ピッケルを持って来なかったので
ストックなのだが、先端が刺さらず跳ね返されることたびたび。

12時36分。男岳山頂!
駒形神社の小さな祠は、シュカブラに厚く飲み込まれていて、
お参りしようとしたが、どちらが正面か分からない状態。

山頂の眺望は、超良好。
田沢湖の向こうに鳥海山、太平山、白子森、日本海。

森吉山も絶賛営業中!
手前には石黒山と荷葉岳。

彼方には早池峰山。
澄み渡った空の下、かなり遠くの山々まで勢揃いだ。
夏場などは、登山者でごった返すこの山頂が
こんな絶好の山日和に私一人だけ。
なんという贅沢。

さてここから阿弥陀池へ下って行く。
奥に見えるのは秋田駒ヶ岳の最高峰の男女岳(おなめだけ)。
このまっさらな、誰のトレースもない尾根を
歩くうれしさったら。
まあ、うさぎが先行していますがね。
それにしても兎、よくこんなところまで来るものだ。。。
眼下には小岳のユーモラスな眺め。
男岳の山頂を振り返ると、男岳と鳥海山の
ツーショットが撮れた。
ぐるりと360度、絶景だらけで
なかなか先に進まないので参った。
というわけで、絶景はまだまだ続きます~。

後編はコチラ

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。