真昼岳へ内ノ又沢から

NO IMAGE


真昼岳へは数年前、一番なだらかなコースから登ったきり。
本日は、秋田県側から内ノ又沢を使ってトライした。
もちろんこんな激マイナー企画の首謀者はT中さん。

詳細はホームページでまとめる予定です。
秋田県美郷町から峰越林道をしばらく進み、内ノ又沢へ。
アブの大群に急かされながら本日はスタート。
沢の入り口は堤防工事中。工事中の堤防を抜け、
また現れた堤防を越える。

どうやら古い堰堤が壊れた跡。


ここまで来るとアブもいなくなり
気持ちよく沢歩きに集中できる。


ゴーロ歩きの途中、右手に現れたきれいな滝。


《カエルとよく出会う》《ツリガネなんとか??》《途中で水が途絶える》

こちら本日初の滝。


手頃なゴルジュが現れる。チムニーで、と言われるが
やったことなくて見よう見まね。楽しい~。


さきほどの滝を上から見下ろす。


そして登り終えてすぐにまた、滝が連続。


その滝を登るばりこ。


この滝の右側に、珍しい花が咲いておりました。


岩肌に群生してましたが、名前、忘れちゃいました(^^;


そのつぼみ。


この滝は上からみると、


滑り台ノ滝。


今年初のシャワークライミング。気持ちいいかと思いきや
ホールド探してうろうろする間、冷たくて大変でした。


この滝でザイル登場。トップロープだと
少し強気に登れる。


見た目とても女性的で美しい滝。
こちら、登りにくく途中に支点とってザイルで。


ゆる~い滝(?)結構長い。


この黄色と黒の虎っぽいの滝が、いくつか連続。
最後に出て来た虎滝は写真に収めてなかったけど
登るの、かなり難儀しました。


沢の水も涸れ勝ちになるころ、
斜度も増し、崩壊跡がいくつか出て来た。
こういう場所は危険だからと、素早く通過。


こんなかわいらしい花が咲いておりました。


沢は薮や灌木に覆われ、払いのけたりくぐったり
乗り越えたりしながら進む。
振り返るといつのまにかこんなに高くまで来てました!
中岳の薮漕ぎ以来、すっかり逞しくなった私。

ここから先はもう目標の登山道まで標高差100m足らず。
涸れて細くなった沢は、笹薮の下、踏み固められた
登山道のようだった。


傾斜が弛み、笹薮ばかりになって標高差カウントダウン。
あと30m、あと15mと進んでいき、かき分けた笹の先に
広めの登山道が見えた。やった!と感激の瞬間です。


悠然と伸びやかな稜線はとても素晴らしいが、
疲労困憊した我々には、
最後の登山道の登りがかなり辛かった(^^;
12時50分到着。開始が7時だから約6時間!
珍しく山頂は誰もいなく、照りつける太陽もなく
吹き荒れる風もなく、贅沢に山頂独占してラーメンランチ。
峰越林道が秋田県側が通行止めだったので
おそらく登山者が減ってるのかも。


なんとかホトトギスという面白い花。
すごく凝ったデザインです。


タマゴタケだ~!手前、私の靴の先と比べてください。
今夜のバーベキューで美味しく頂きました。
下山は赤倉口へ緩やかな登山道を使いました。
ブナが美しく、いい道でした。

ざっくりとコースタイムーーーーーーーーー
07:08ごろ 峰越林道よりスタート
12:20ごろ 登山道
12:50ごろ 山頂到着
13:47   下山開始
15:00   赤倉登山口
15:40   峰越林道クルマ

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。