2012年12月29日 男岳(後編)

2012年12月29日 男岳(後編)

前編はコチラ

 

男岳山頂をあとに、阿弥陀池へ下りて行く。
途中で男女岳とその奥に岩手山が並んで見える。
男女岳の下の雪原は、
夏ならば高山植物が咲き乱れる気持ちのいい広場だ。

東へ尾根伝いに下って行く。
尾根の延長には横岳があり、数人のスキーヤーの人影が小さく見えた。

この尾根を下る途中の男岳の
のっぺりとした雪景色が美しい。
その裾に女岳。未だに蒸気が上がっていてその周辺は
雪がない。
下りてきた尾根を振り返る。
今日は行く手を眺めては立ち止まり
背後を振り返っては立ち止まりで、
絶景に引き止められて、なかなか先へ進まないのだった。

13時30分、
横岳との鞍部まで下りてきた。
風もなく、日差しが暖かいし、
遠くには鳥海山が見えるのでここでランチタイムとするか。

男岳を眺めながら、

この厳冬期に外でのんびりランチというのも
めったにない幸運。
お湯が沸くまでのあいだ、アイゼンを外してスキーを下ろした。

30分以上ものんびり過ごして
14時すぎ、スキーにはきかえて出発。
行く手には阿弥陀池があるのだが、雪の下。
この平原を突っ切るので、まだスキーシールは外さない。
さっそうと斜面を滑りはじめたら
なんと、ガリガリ。さっそく転倒する。
ついでに危険な場所もないので
転倒した寝ッ転がったまま下まで下りた。
ズボラ下山。
阿弥陀小屋までのだだっぴろい平原。
視界がきくときは気持ちの良い天国だが、
ガスに巻かれると、ルート取りが難しくなる怖い場所。
入山の際には天候チェックと、地形図コンパスは
必須です。
阿弥陀小屋前の木道が、風紋の中に露出していた。

男女岳。最高の一枚バーンが広がる。
数名、八合目小屋方面から滑りにきていたようだ。
阿弥陀小屋の背後はちょっと崖っぽいので
男女岳方面よりに進んでから、あの小ピークを巻いていく。
ここもやはり、ホワイトアウトだとルート取りが難しい。

ちょこっと私のシュプールも。
男女岳山頂までは行かず、途中から。
雪はパウダーとまでは行かなかったが、
適度に柔らかく、快適に滑ることができた。

先程の小ピークを巻くと、間もなく八合目小屋が見えてくる。
所々、ガリガリだったので、スキーを外して担いだが、
すぐに雪が柔らかくなったので
再びスキーで滑り降りる。

14時45分。八合目小屋。
夏はここまでバスが入る。マイカー規制中。
ここからは林道をひたすら下って行くと
田沢湖スキー場に近い場所に下りることができる。
林道は所々ショートカットしていくと効率的だ。

下山して車道から見上げる男岳。
今年の登り納めはとても贅沢なものになった。
みなさま、良いお年を!

東北の山歩きカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。