6月17日、朝一番の新幹線で仙台から東京は
四谷の弘済会館へ行ってきた。
この春になんだか思い立って、
日本山岳ガイド協会の登山ガイドステージⅡの
第一次試験、筆記試験に申し込んだのだ。

本、出して調子こいている感、
うっすら漂うのは否めない。タイミング的に。
ガイドなんて考え甘いんじゃないのとの
批判もあるだろうな。

こっそり伏せておくかなと考えたが
いやいやいや、
こんなレアな体験、共有せずには
いられないだろう!

ばりこ本の「秋田の山無茶修行」の
出版も終え、一息つきたいタイミングだったが
ふと、思いついてしまった。
思いつく=わたしの列車は走り出す。

本人ですらこの列車、止められないのだ。
他人からの批判など
びゅんびゅんと後方の景色となって
この困った列車は爆走するのだ。

渡りに船で、テキストを知り合いから
借りられた。なんとラッキー。

ということで、ちょっと何回かに分けて
ガイド受験の模様をレポりますので
ご興味ある方、お越しくださいな。

第一次試験終わって、ようやく
じっくり読める。

その1:動機

その2:筆記試験

その3:筆記試験2

その4:筆記試験3

その5:筆記合格通知

その6:動機2

その7:無雪期ルートガイディング養成講座準備

その8:無雪期ルートガイディング養成講座

その9:安全管理技術検定にむけて1

その10:安全管理技術検定にむけて2

その11:安全管理技術検定にむけて3

その12:危急時対応技術講座@仙台

その13:資料はちゃんと読みましょう

その14:ファーストエイドキットについて

その15:とってもお得な雪崩講習講座ご案内

その16:丹沢で安全管理技術検定

その17:冬の安全管理検定に向けてグローブ沼

その18:安全管理検定の通知が来た!

その19:雪の安全管理検定めざして猛練!

その20:登山ガイド認定にかかる費用