正直、振り返るのも恐ろしいので

そっとしておいてほしいのだが、

一部より要望があったので、この際なので

振り返ってみるとする。

登山ガイドステージⅡ取得って

いったいナンボかかるのか。

郵送費などは端折る。

1、申請:健康診断書・・・10,000~15,000円

     証明写真・・・・800円ぐらい

2、テキスト

  ・ガイドの基礎的知識・・・3,000円

  ・ガイドの専門的知識・・・3,000円

  ・山のファーストエイド・・3,000円

  ・雪の安全管理教本・・・・3,000円

  ・過去問題集・・・・・・・1,000円

3、一次試験申請費用・・・・・20,000円  

  試験会場は東京または大阪

4、二次試験

無雪期のルートガイディング(下記の二通りあります)

●検定の場合・・・・30,000円

※一泊二日なので宿泊費交通費は別途

●養成講座受講で免除の場合

・養成講座受講・・45,000円

・検定免除費用・・10,000円

※二泊三日なので宿泊費交通費は別途

5、安全管理技術基礎検定・・・30,000円

※一泊二日なので宿泊費交通費は別途

6、積雪期ルートガイディング(下記の二通りあります)

●検定の場合・・・・30,000円

※一泊二日なので宿泊費交通費は別途

●養成講座受講で免除の場合

・養成講座受講・・48,000円

・検定免除費用・・10,000円

※二泊三日なので宿泊費交通費は別途

7、雪の安全管理技術基礎検定・・・30,000円

※一泊二日なので宿泊費交通費は別途

8、危急時対応技術講習会・・・・・25,000円

※一泊二日なので宿泊費交通費は別途

そして侮れないのが宿泊費。
二次試験は実技検定で1~2泊だが、遠方の場合は前泊となる。
宿泊費はだいたい一泊6,000円~9,000円で二食付。
わたしは宿泊費で

・無雪期ルートガイディング養成講座で2泊=13,000円

・安全管理技術基礎検定で丹沢2泊=12,000円くらいかな

・危急次技術講習会 宮城一泊=4,600円くらい

・積雪期ルートガイディング養成講座で2泊=13,000円くらい

・雪の安全管理技術検定で志賀2泊で=18,000円くらい

ということで!

一次試験と二次試験のトータルでわたしは合計243,800円
宿泊費で60,000円くらい
交通費もね、だいたい宿泊費と同じぐらい。

そして、足りない山道具を買い足したり
不足な知識を補うために本を買ったり
雪崩講習会に参加したりと結構費用はかかる。
ビーコン、プローブ、
ツエルト3~4人分用
スノーシュー、
そのほか細々と追加や買い替え。
なんやかんやで400,000円は軽くかかったかな。

そして合格後、いざガイドの看板を掲げるにあたり、
あれこれと買い替えたほうがいい道具や
実質「店舗」となるHP作成などなど投資が続くのだ。

追記(2019年4月15日)

そして最後の出費が、ガイド協会への加入!
日本山岳ガイド協会の入会費:20,000円
同上       年会費:10,000円

そして協会に入るにあたり、どこぞのガイド会に所属する。
わたしは東北マウンテンガイドネットワーク入会で
入会金          :25,000円
年会費          :20,000円

以上でトータル75,000円で、めでたくガイドの仲間入り。

気になるのが、これらの費用を回収できるの?
ということだが、はっきり言って
これはもう個人にとっては

起業。という位置付け。

費用を回収できるの?というよりも
損益分岐越えし、利益確保のプランを
どのように描くかは、自分次第となる。

ちなみにガイド費用については
山岳ガイド協会でざっくりと目安を示していて

1日あたりの無雪期ガイド:30,000円

半日ぐらいの無雪期ガイド:15,000円
とのこと。

その1:動機

その2:筆記試験

その3:筆記試験2

その4:筆記試験3

その5:筆記合格通知

その6:動機2

その7:無雪期ルートガイディング養成講座準備

その8:無雪期ルートガイディング養成講座

その9:安全管理技術検定にむけて1

その10:安全管理技術検定にむけて2

その11:安全管理技術検定にむけて3

その12:危急時対応技術講座@仙台

その13:資料はちゃんと読みましょう

その14:ファーストエイドキットについて

その15:とってもお得な雪崩講習講座ご案内

その16:丹沢で安全管理技術検定

その17:冬の安全管理検定に向けてグローブ沼

その18:安全管理検定の通知が来た!

その19:雪の安全管理検定めざして猛練!

その20:登山ガイド認定にかかる費用